google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

魂のゆくえ

魂のゆくえ@京橋テアトル試写室
画像

(C) Ferrocyanide, Inc. 2017. All Rights Reserved.
製作年:2017年
製作国:アメリカ
英題:FIRST REFORMED
日本公開:2019年4月12日
上映時間:1時間 53分
配給:トランスフォーマー

監督・脚本☆ポール・シュレイダー

キャスト
トラー☆イーサン・ホーク
メアリー☆アマンダ・セイフライド
ジェファーズ☆セドリック・カイルズ
エスター☆ヴィクトリア・ヒル
マイケル☆フィリップ・エッティンガー

【あらすじ】
ニューヨーク州北部にある小さな教会「ファースト・リフォームド」で牧師をしているトラー(イーサン・ホーク)は、ミサに訪れたメアリーに環境活動家の夫マイケルについて相談したいと言われる。マイケルは地球の行く末を悲観し、妊娠中のメアリーの出産を止めようとしていた。トラーは、心の中では彼の考えに賛同しつつも、出産を受け入れるように説得する。そんな中トラーは、教会が環境汚染の元凶である大企業からの支援を受けていることを知る。

【感想】
これはものすごく人間臭い映画だった。

代々従軍牧師の一家に育ったトラー。
息子もまた従軍牧師となり、イラクで戦死してしまう。
それが原因で妻とも別れすべてを失う。
そんなトラーを救ったのが「ファースト・リフォームド」教会。
なんとか彼は教会に居場所をみつける。

そんなトラーの元を訪れて相談をもちかけたのがメアリー。
せっかく妊娠したが夫マイケルは地球の行く末を悲観し出産を止めようとする。
彼の意見に賛同しつつも、メアリーの出産を受け入れるよう説得を開始。
何度もマイケルやメアリーとの話合いの場を持つ。

一方で進行しているのが、ファースト・リフォームド教会の周年イベント。
イベントの準備をすすめるうちに、教会が環境汚染企業の莫大な寄付を受けていることを知る。
そしてその企業をマイケルは環境破壊の元凶だと糾弾している。

紆余曲折があり、トラーはある覚悟を決めて周年イベントに臨もうとする。
彼は全てを失い、自分が癌にかかっていることを知った上での決断だ。
それがいったいどういう結末を迎えるのか?
冒頭で述べた通り、きわめて人間的なラストだったと私は思う。
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 魂のゆくえ・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 彷徨える魂の、究極の選択。 これはある意味で21世紀版の「タクシードライバー」であり、ポール・シュレイダーの現時点での集大成と言って良いと思う。 対テロ戦争で息子を亡くし、妻にも去られ、小さな.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2019-05-07 23:31
  • 「魂のゆくえ」

    Excerpt: 「タクシードライバー」の脚本家ポール・シュレイダーが監督の作品。イーサン・ホークがいつものように哀しみを湛えた演技で出演している。…私には、この作品はよく理解できなかった。ストーリーが理解できなかった.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2019-05-27 13:45