アルキメデスの大戦

アルキメデスの大戦@東宝試写室
アルキメデスの大戦.jpg

(C) 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 (C) 三田紀房/講談社
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2019年7月26日
上映時間:2時間10分
配給:東宝

原作☆三田紀房
監督・脚本・VFX☆山崎貴

キャスト
櫂直☆菅田将暉
尾崎鏡子☆浜辺美波
田中正二郎☆柄本佑
大角岑生☆小林克也
宇野積蔵☆小日向文世
永野修身☆國村隼
嶋田繁太郎☆橋爪功
平山忠道☆田中泯
山本五十六☆舘ひろし

【あらすじ】
昭和8年(1933年)、第2次世界大戦開戦前の日本。日本帝国海軍の上層部は世界に威厳を示すための超大型戦艦大和の建造に意欲を見せるが、海軍少将の山本五十六は今後の海戦には航空母艦の方が必要だと主張する。進言を無視する軍上層部の動きに危険を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を軍に招き入れる。その狙いは、彼の卓越した数学的能力をもって大和建造にかかる高額の費用を試算し、計画の裏でうごめく軍部の陰謀を暴くことだった。

【感想】
映画の冒頭は坊ノ岬沖海戦。
戦艦大和の沈没のシーンである。
映画では、攻撃開始からすぐに沈没してしまうが実際には2時間かかっている。
そんなことはさておき、印象的なのは、滅茶苦茶撃ちまくってようやく米軍機一機を撃墜。
するとパイロットはパラシュートで脱出。
すぐに救援の回収機が飛んできてパイロットを助けていく。
人間を使い捨てる人命軽視の大日本帝国軍とは大違い。
終映後のQ&Aで山崎監督は、パイロット育成にはコストがかかる。
だから回収するという話をしていた。
せっかく撃墜したのに、なすすべなく回収されてしまうのを悲しげに見ている乗組員たちの表情が印象的だった。
生産力や資源量の差以上に、情報や人命に対する価値観の差が大きかったと思う。
観ていて本当に情けなく、泣きたくなってきた。
昔も今も日本人の考え方はたいして変わっていない。

という導入をへて、櫂直の登場となる。

海軍内部では、次期艦船を戦艦にするか空母にするかで意見が分かれる。
嶋田と平山は戦艦派。
永野と山本は空母派である。
平山忠道は実在せず、平賀譲がモデルのようだ。
嶋田は戦後も生きのびたが、永野は巣鴨プリズンで獄中死。
山本五十六はソロモン上空で撃墜死したのは周知のとおり。
山本五十六の前線視察の情報をつかんだアメリカ軍は、山本五十六を撃墜死させても、山本以上の人物が出て来ないことまで推測してから攻撃に踏み切っている。
そもそも情報戦のレベルが違いすぎるのだ。

どうやら戦艦派が優勢。
それを覆すため、山本と永野は帝大の秀才、櫂直を抜擢。
彼らの出会いは料亭という設定には笑える。
櫂は尾崎鏡子との関係を疑った父親に疎んじられ学校を去らざるを得なくなり、自暴自棄になって手切れ金で豪遊。
同じ料亭でグチを言いあっていた山本と永野と出会うのである。
まあ、みんなフィクションだから細かいこと言ってもしかたない。
終映後のQ&Aで「事実に基づいたフィクションとのことですが最大のフィクションは?」という質問に山崎監督は「櫂直という人物は実在の人物でない」
ほぼすべてが作り物なのである(笑)

櫂は色々ごねるが結局は山本と永野の注文にのる。
ミッションは、10日で平山造船中将の出した巨大戦艦の建造費が低すぎることを証明すること。
設計図もなく、部品の調達価格もなく、建造にかかる人件費のデータも何もない。
何もないところから、天才はどうやって建造費を計算するのか?
結構もっともらしくストーリーが構築されていて感心。
最後もミッションの難度上昇(与えられた時間の短縮)の中クライマックスの決定会議になだれこむ。
そこで、菅田くんは難解な数式をスラスラと書き、えんえんとセリフをしゃべるのだ。
またまたQ&Aで「どこが実写でどこがCGですか?」
山崎監督「ぜんぶCGです」えっ「うそ」(笑)
「菅田くんは追い込むとすごい力を発揮する。数学の専門家の説明をうけてたぶん半分くらいは理解していた。白板に数式を書き一気にセリフをしゃべり終えると、まわりでみていたベテラン俳優から拍手が起こった。」

アホな議員が国後だか択捉だかに行ってロシアと戦争なんてバカなこと言うような世の中。
いろいろな角度で先の大戦を描いた映画が作られるのはたいへん良いことだ。
なぜソ連が日ソ不可侵条約破って参戦したのか?
なぜ国後島までしか占領しなかったのか?北海道だって占領できたでしょ?
なんて疑問を解決してくれる映画も作って欲しいものである。
おすすめ。

この記事へのコメント

ノルウェーまだ~む
2019年07月12日 20:14
まっつぁんこさん☆
ほぼ全てがフィクションでも結構オススメなのですね?

パソコン壊れて修理を待っている間に、ビッグローブ使いにくくなりましたね…四苦八苦しています。
まっつぁんこさんはどうですか??
まっつぁんこ
2019年07月13日 09:46
ノルウェーまだーむさん
コメントありがとうございます。
櫂直がどのようにして戦艦建造費を計算するか?予想して観に行くと楽しめると思います。
ウェブリブログの変更には慣れてきました。アクセス数のカウントが前と全然違うのは困ります(>_<)
カメ
2019年07月17日 11:06
すごいね~全編CGなんて、冒頭のシーンが衝撃です、でも日本の国力では戦争はぜったいにしちゃダメだよ。もう目に見えてます。
最後の菅田将暉さんと、田中泯さんの2人のシーンが見応えがありました。田中泯さんが好きになりました。迫力ありましたね!!
まっつぁんこ
2019年07月22日 14:35
カメさん
Q&Aで「どこが実写でどこがCGですか?」は菅田くんが数式を書くシーンのこと。それにたいし監督が冗談で全部CGと答えたのです。
2019年07月30日 16:50
なぜ国後島までしか占領しなかったのか?←マッカーサーが「やめとけ」と言ったから。
まっつぁんこ
2019年07月30日 20:30
佐藤秀さん
マッカーサーも「やめとけ」と言ったかもしれませんが、ヤルタ会談で連合国がそう決めたからですね。

この記事へのトラックバック