人間失格 太宰治と3人の女たち

人間失格 太宰治と3人の女たち@丸の内ピカデリー
人間失格.jpg

(C) 2019『人間失格』製作委員会
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2019年9月13日
上映時間:2時間
配給:松竹

監督☆蜷川実花

キャスト
太宰治☆小栗旬
津島美知子☆宮沢りえ
太田静子☆沢尻エリカ
山崎富栄☆二階堂ふみ
佐倉潤一☆成田凌
太田薫☆千葉雄大
伊馬春部☆瀬戸康史
三島由紀夫☆高良健吾
坂口安吾☆藤原竜也

【あらすじ】
ベストセラーを連発する人気作家の太宰治(小栗旬)は、妻子がいながら作家志望の弟子・太田静子(沢尻エリカ)、夫を亡くした山崎富栄(二階堂ふみ)とも関係を持ち、さらに自殺未遂を繰り返すという型破りな生活を送っていた。そして太宰は、二人の愛人から子供がほしいと迫られる中、夫の才能を信じる妻・美知子(宮沢りえ)に支えられ、「人間に失格した男」をめぐる新作の執筆に取り掛かる。

【感想】
ジャパン・プレミアに登壇したのは主演の小栗旬のほか愛人二人と編集者成田凌および蜷川監督の5名。沢尻エリカの「べつに!」を期待したが空振り(笑)
蜷川監督には、何を好き好んで猪瀬なんかと結婚するかね!以外には何の文句もない。
“さくらん”みたいな色使いのセンスが好きだ。
当初は「人間失格」の映画化だったものが、いろいろ太宰を調べていたら本人を映画化した方が面白そうだという展開になったらしい。
その企画は正しい。
人間失格なんか映画化するより、ダメ人間太宰の映画の方がはるかに面白かろう。

映画は冒頭から太宰のクズぶりが爆発。
どこかの海岸で女と入水心中をはかる。
が、(当然の如く)女は死に太宰はまんまと助かってしまう。
それだけならまだしも、仲間の集まりで太宰は相手の女が最後に
「別のおとこの名前を叫びやがった」
と言って笑ってみんなと盛り上がる。
ハンパない屑っぷり全開でのっけから話に引き込まれた。

その後も太宰のだらしなさは続く。
太田静子、山崎富栄と節操なく喰いまくる。
もちろん正妻津島美知子も妊娠してこどもを産む。
こんな面白い人物が映画化されたのは初めてではないのかもしれないがgood job。
蜷川監督が自分で言っていたとおり最高傑作かもしれない。

夫にこんなことされた妻はたまらない。
ダウン症の長男が床にこぼした墨か何かを娘と3人で互いに塗りたくるシーンは鬼気迫るものがあった。
どうやって撮ったのだろう。
最後に太宰が「人間失格」を書きまくるCGのシーンも雰囲気が良かった。
楽しめるシーンは他には藤原竜也の坂口安吾のところ。
高良くんが三島由紀夫として乗り込んでくるところ。
いっぱいあってなんて豪華なんだろうと思った。
いろいろケチがつくかもしれないけどオレはとても楽しめました。

この記事へのコメント

2019年08月05日 00:34
まっつぁんこさん☆
試写でご覧になったのですね!?いいな~~
太宰も坂口安吾も大好きな娘と、今から楽しみで楽しみで公開が待ち遠しいと話していたところです。
まっつぁんこさんが面白いというのでより楽しみが増えました。
まっつぁんこ
2019年08月06日 10:55
ノルウェーまだ~むさん
最近はとんと試写会は当たらないのですが、これはラッキーでした。蜷川さんらしい感性の作品。本人が最高傑作と言っていました(笑)ご期待ください!