Billboard Album200 & HOT100 2020年1月11日付

【アルバム】
JackBoys.pngジャック・ボーイズとトラヴィス・スコットの7曲収録のプロジェクト “Jackboys” が初登場ナンバー1。
ポイントは15万4千でそのうち売上枚数が7万9千枚。
さまざまなグッズ付きアルバムが販売され売上に貢献している模様。
ジャック・ボーイズはトラヴィス・スコット、シェック・ウェス、ドン・トリバーとチェイスBで構成されている。
7曲のうち1曲はインストルメンタル。
5曲はジャック・ボーイズで、残りの一曲はトラヴィス・スコットの “Highest in the Room”。
日本盤もb-ナス・トラックつけて発売して欲しいものである。

21歳のラッパー、ロディ・リッチのデビューアルバム “Please Excuse Me for Being Antisocial” は3位から2位に上昇。
ポイントは1%増の7万4千ユニットと健闘。

ポスト・マローンの “Hollywood’s Bleeding” は1%増の6万4千ユニットで6位から3位に上昇。

ワンダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズの “Fine Line” は2週続いた1位から4位に後退。
ポイントは40%減の5万4千ユニット。

“Frozen 2” のサントラは18%減の4万6千ユニットで9位から5位に上昇。

ビリー・アイリッシュの “We All Fall Asleep, Where Do We Go?” は30%減の4万5千ユニットで5位から6位に後退。

ヤング・サグのナンバー1アルバム “So Much Fun” も29%減の3万8千ユニットながら10位から7位に上昇。

ダベイビーの “Kirk” が4%増の3万6千ユニットで20位から8位に上昇。

テイラー・スイフトの “Lover” は37%減の3万ユニットながら11位から9位に上昇。

サマー・ウォーカーの “Over It” も5%減の2万8千ユニットながら28位から10位に上昇。

1 - JackBoys / JackBoys and Travis Scott 154,000 (79,000)
2 3 Please Excuse Me for Being Antisocial / Roddy Ricch 74,000
3 6 Hollywood's Bleeding / Post Malone 64,000
4 1 Fine Line / Harry Styles 54,000
5 9 Frozen II / Soundtrack 46,000
6 5 When We All Fall Asleep, Where Do We Go? / Billie Eilish? 45,000
7 10 So Much Fun / Young Thug 38,000
8 20 Kirk / DaBaby 36,000
9 11 Lover / Taylor Swift 30,000
10 28 Over It / Summer Walkers 28,000

【シングル】
Circles.pngポスト・マローンの “Circles” が3位から1位に上昇して5週ぶり通算3週目の1位。
エアプレイ3%増の1億210万で Radio Songs 3週連続1位。
ダウンロードも43%増の2万3千で Digital Songs 6位から2位に上昇。
ストリーミングも16%増の2,420万で Streaming Songs 38位から7位に上昇。

マルーン5の “Memories” が9位から2位に上昇。
ダウンロード37%増の2万5千で Digital Songs 3位から1位に上昇。
エアプレイ5%増の9,500万で Radio Songs 3位変わらず。
ストリーミングも15%増の1,770万で Streaming Songs 22位に再エントリー。

ロディ・リッチの “The Box” が13位から3位に上昇。
ストリーミング15%増の4,260万で Streaming Songs 6位から1位に上昇。
ダウンロードも29%増の6千で Digital Songs 50位から31位に上昇。
エアプレイも177%増の360万。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートで初の1位。

ルイス・キャパルディの “Someone You Loved” は8位から4位に上昇。

ラッパー、アリゾナ・ゼルバスの “Roxanne” は6位から5位に上昇。

リゾの “Good as Hell” が10位から6位に上昇。
Hot R&B Songs チャートは9週連続1位。

トーンズ・アンド・アイの “Dance Monkey” が14位から7位に上昇。

トラヴィス・スコットの “Highest in the Room” が38位から8位に上昇。
今週1位に初登場したアルバム “JackBoys” に収録されたロザリオとリル・ベイビーをフィーチャーしたリミックスが貢献。

ダン・プラス・シャイ フィーチャリング ジャスティン・ビーバーの “10,000 Hours” が17位から9位に上昇。

セリーナ・ゴメスの “Lose You to Love Me” も18位から10位に上昇。

先週5曲もチャートインしていたクリスマスソングは、マライアの “All I Want for Christmas Is You” も含めシングルチャート圏外へと去った。
1位の曲が圏外に去るのはもちろんチャート史上初。
マライアは大記録を連発してチャートを盛り上げた(笑)

1 3 Circles / Post Malone
2 9 Memories / Maroon 5
3 13 The Box / Roddy Ricch
4 8 Someone You Loved / Lewis Capaldi
5 6 Roxanne / Arizona Zervas
6 10 Good as Hell / Lizzo
7 14 Dance Monkey / Tones and I
8 38 Highest in the Room / Travis Scott featuring Rosalía and Lil Baby
9 17 10,000 Hours / Dan + Shay and Justin Bieber
10 18 Lose You to Love Me / Selena Gomez

次週≪≫前週


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント