ラストレター

ラストレター@一ツ橋ホール
ラストレター.jpg
(C) 2019 松竹株式会社
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2020年1月17日
上映時間:2時間1分
配給:松竹

監督・原作・脚本・編集・共同製作☆岩井俊二
音楽☆小林武史

キャスト
岸辺野裕里☆松たか子
遠野鮎美/遠野未咲(回想)☆広瀬すず
岸辺野宗二郎☆庵野秀明
岸辺野颯香/遠野裕里(回想)☆森七菜
波戸場正三☆小室等
岸辺野昭子☆水越けいこ
裕里の母☆木内みどり
裕里の父☆鈴木慶一
阿藤☆豊川悦司
サカエ☆中山美穂
乙坂鏡史郎(回想)☆神木隆之介
乙坂鏡史郎☆福山雅治

【あらすじ】
夫と子供と暮らす岸辺野裕里(松たか子)は、姉の未咲の葬儀で未咲の娘・鮎美(広瀬すず)と再会する。鮎美は心の整理がついておらず、母が残した手紙を読むことができなかった。裕里は未咲の同窓会で姉の死を伝えようとするが、未咲の同級生たちに未咲本人と勘違いされる。そして裕里は、初恋の相手である小説家の乙坂鏡史郎(福山雅治)と連絡先を交換し、彼に手紙を送る。

【感想】
色々欠点があると思うが評判がよくて良かった。

① 裕里の森七菜と未咲の広瀬すずは似てない。
大人になってとり違えるとは思えない。
② 乙坂鏡史郎の神木隆之介が福山雅治みたいに成長するとは思えない。
背が違いすぎる。

まあいいだろう(笑)

① 最初の七ケ宿町滑津大滝のシーンが良くて行ってみたくなった。
② 白石高校旧校近くの丁字路の鮎美と颯香雨傘シーンがきれいで印象に残った。

一般試写会なのに終映後拍手がありました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月21日 11:40
まっつぁんこさん☆
意外にも評判がいいので戸惑っています(笑
この手の映画でまっつぁんこさんが強くダメ出ししてないというのは、結構良かったということですね…?
まっつぁんこ
2020年01月21日 13:30
ノルウェーまだーむさんコメントありがとうございます。
えいさんが岩井俊二監督のベストだと激賞していてとまどいました。(笑)私はそこまでとは思いませんが若干書いた点に目をつぶれば、俳優陣の演技やロケ地の良さが楽しめると思いました。