Billboard Album200 & HOT100 2020年1月25日付

【アルバム】
今週は1月20日がマーチン・ルーサー・キング牧師誕生日でアメリカは休日だった。
その影響で記事発表が1日遅れ。

Rare.pngセリーナ・ゴメスの “Rare” が予想通り初登場ナンバー1。
ポイントは11万2千ユニットでそのうち売上枚数が5万6千枚と半分をしめる。
売上枚数の多いアルバムはたいていチケット抱き合わせ販売だがこのアルバムは違う。
グッズ付きアルバムがいろいろとオフィシャルサイトで販売されているのと、ターゲット限定のデラックス盤が売上枚数増につながっている。
セリーナのアルバム(セリーナ・ゴメス・アンド・ザ・シーン含む)6枚は全てトップ10入り。
セリーナ単独のアルバムは3作連続でナンバー1を記録。
2015年の前作 “Revival” は11万7千ユニット(8万6千枚)で初登場1位。
2013年のソロデビュー “Stars Dance” も9万7千枚で初登場1位。
日本ではさほど人気があるようにはみえないがアメリカでは大人気。

21歳のラッパー、ロディ・リッチのデビューアルバム “Please Excuse Me for Being Antisocial” は1位から2位に後退。
ポイントは14%増の11万ユニットと健闘するも1ランクダウン。
“The Box” がシングルチャートで1位に躍進してストリーミングポイント増。
売上枚数は千枚に過ぎず、ポイントのほとんどがオンディマンドストリーミングによるもの。
今週のストリーミングポイントは13%増の10万7千ユニット。

マネーバッグ・ヨーの “Time Served” が3位に初登場。
6万6千ユニットのうち5万9千ユニットがストリーミングポイント。
昨年の “43VA Heartless” (最高4位)、2017年の “Federal 3x” (最高5位)に続く3枚目のトップ10入り。

4位から10位はすべて過去アルバムチャート1位を記録したアルバムばかり。

ポスト・マローンの “Hollywood’s Bleeding” は8%減の6万ユニットで2位から4位に後退。

ダベイビーの “Kirk” は5%増の4万3千ユニットで6位から5位に上昇。

ワンダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズの “Fine Line” は3位から6位に後退。
ポイントは16%減の4万1千ユニット。

ジャック・ボーイズとトラヴィス・スコットの7曲収録のプロジェクト “Jackboys” は4位から7位に後退。
ポイントは18%減の3万8千ユニット。

“Frozen 2” のサントラは15%減の3万5千ユニットで5位から8位に後退。

ビリー・アイリッシュの “We All Fall Asleep, Where Do We Go?” は8%減の3万5千ユニットで7位から9位に後退。

ヤング・サグのナンバー1アルバム “So Much Fun” も7%減の3万2千ユニットで8位から10位に後退。

来週はホールジーのニューアルバムに期待!

1 - Rare / Selena Gomez 112,000 (56,000)
2 1 Please Excuse Me for Being Antisocial / Roddy Ricch 110,000 (1,000)
3 - Time Served / Moneybagg Yo 66,000
4 2 Hollywood's Bleeding / Post Malone 60,000
5 6 Kirk / DaBaby 43,000
6 3 Fine Line / Harry Styles 41,000
7 4 JackBoys / JackBoys and Travis Scott 38,000
8 5 Frozen II / Soundtrack 35,000
9 7 When We All Fall Asleep, Where Do We Go? / Billie Eilish? 35,000
10 8 So Much Fun / Young Thug 32,000

【シングル】
ロディ・リッチの “The Box” が2週連続1位。
ストリーミング13%増の7,720万で2週連続ストリーミングゲイナーを獲得し Streaming Songs 3週連続1位。
ダウンロードも26%増の1万3千で Digital Songs 8位から7位に上昇。
エアプレイも70%増の1,850万で Radio Songs 50位。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートは3週連続1位。

フューチャー・フィーチャリング・ドレイクの “Life Is Good” が2位に初登場。
ダウンロードは2万5千で Digital Songs 初登場1位。
フューチャーは初、ドレイクは11枚目の Digital Songs ナンバー1。
ストリーミングも 5,070万で Streaming Songs 初登場2位。
ドレイクにとってこれが207枚目のシングルチャートランクインでグリー・キャストの記録と並ぶタイ記録。
ふたくみに続く第2位は リル・ウェインの163枚で大きく離れた4位がエルビス・プレスりーの109枚。
以下 カニエ・ウエスト(107枚)ニッキー・ミナージュ(106枚)ジェイZ(100枚)クリス・ブラウン(98枚)テイラー・スイフト(96枚)ジェームズ・ブラウンとフューチャー(91枚)と続く。
ドレイクのトップ10入りは36枚目でマドンナの38枚にあと2枚とせまった。
3位以下はザ・ビートルズ(34枚)リアーナ(31枚)マイケル・ジャクソン(30枚)。
また、ドレイクのトップ40入りはちょうど100枚目。
100枚をトップ40入りさせた最初のアーティストとなった。
2位タイはリル・ウェインとエルビス・プレスリーの81枚で以下テイラー・スイフト63枚エルトン・ジョン57枚までがトップ5。

ポスト・マローンの “Circles” は3位変わらず。
エアプレイ1%減の1億30万ながら Radio Songs 5週連続1位。

マルーン5の “Memories” は4位変わらず。

セリーナ・ゴメスの “Lose You to Love Me” は10位から5位に上昇。

ルイス・キャパルディの “Someone You Loved” は6位変わらず。

ダン・プラス・シャイ フィーチャリング ジャスティン・ビーバーの “10,000 Hours” は5位から7位に後退。

トーンズ・アンド・アイの “Dance Monkey” は7位から8位に後退。

ラッパー、アリゾナ・ゼルバスの “Roxanne” は9位変わらず。
エアプレイ16%増の5,730万で2週連続エアプレイゲイナーを獲得し Radio Songs 14位から8位に上昇。

ジャスティン・ビーバーの “Yummy” は先週の初登場2位から10位に後退。
ダウンロード85%減の1万1千で Digital Songs も先週の初登場1位から10位に後退。
ストリーミングも17%減の 2,430万で Streaming Songs 初登場2位から6位に後退。
エアプレイも9%減の 4,610万で Radio Songs 10位から17位に後退。
Hot R&B Songs チャートで2週連続1位を記録。

1 1 The Box / Roddy Ricch
2 - Life Is Good / Future featuring Drake
3 3 Circles / Post Malone
4 4 Memories / Maroon 5
5 10 Lose You to Love Me / Selena Gomez
6 6 Someone You Loved / Lewis Capaldi
7 5 10,000 Hours / Dan + Shay and Justin Bieber
8 7 Dance Monkey / Tones and I
9 9 Roxanne / Arizona Zervas
10 2 Yummy / Justin Bieber

次週≪≫前週


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント