Fukushima 50

Fukushima 50@神楽座
Fukushima 50.jpg
(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2020年3月6日
上映時間:2時間2分
製作・配給:KADOKAWA
配給:松竹

監督☆若松節朗

キャスト
☆佐藤浩市(伊崎利夫)
☆渡辺謙(吉田昌郎)
☆吉岡秀隆(前田拓実)
☆緒形直人(野尻庄一)
☆火野正平(大森久夫)
☆平田満(平山茂)
☆萩原聖人(井川和夫)
☆堀部圭亮(加納勝次)
☆石井正則(工藤康明)
☆金井勇太(宮本浩二)
☆中村ゆり(前田かな)
☆田口トモロヲ(福原和彦)
☆篠井英介(小野寺秀樹)
☆ダンカン(福島民友新聞記者)
☆泉谷しげる(松永)
☆津嘉山正種(伊崎敬造)
☆段田安則(竹丸吾郎)
☆吉岡里帆(伊崎遥香)
☆斎藤工(滝沢大)
☆富田靖子(伊崎智子)
☆佐野史郎(内閣総理大臣)
☆安田成美(浅野真理)

【あらすじ】
2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0の地震が発生し、それに伴う巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。全ての電源が喪失して原子炉の冷却ができなくなりメルトダウン(炉心溶融)の危機が迫る中、現場の指揮を執る所長の吉田昌郎(渡辺謙)をはじめ発電所内にとどまった約50名の作業員たちは、家族や故郷を守るため未曽有の大事故に立ち向かう。

【感想】
門田隆将氏のノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』の映画化。
原作は綿密な取材で、3.11当時福島原発の現場でがんばった吉田所長と伊崎リーダーを中心としたメンバーの奮闘を活写した労作。
混乱を招いた菅総理大臣の行動、東電幹部や原子力規制委員会の無策が描かれる。

吉田所長を演じた渡辺謙さんや伊崎リーダーの佐藤浩市さんは安定の演技でまさにはまり役。できれば誰か他の人を発掘して欲しかった(笑)
菅直人を演じた佐野史郎さんの演技はデフォルメされていた。
隣で観ていた女性はあるシーンで「バカ!」と吐き捨てるように口走っていた。
民主党政権が続いていたら、こんな描写は圧力かかってできなかったんじゃないか?
ぜひとも菅さんには観てもらって冷静なコメントをいただきたいものである。

あともう一人印象に残ったのは東電常務、小野寺秀樹を演じた篠井英介さん。
大企業の幹部の本質が良く表れて秀逸な演技だった。

なんてことを書いていたらツイッターで菅さん本人がこんなツイートしていた。

菅 直人 (Naoto Kan)‏認証済みアカウント💳 @NaotoKan · 2月8日

私が3月12日早朝福島第一原発に行ったのは、11日夜東電から「ベントをしたい」という話がありながら、何時間たってもそれが行われず、東電本店から官邸に派遣されてきた武黒氏から「理由は分からない」と言われたからです。本店と現場の意思疎通が悪かったのでしょう。

他人ごとにしています(笑)
福島原発のことは東京にいるとよくわからない。
報道は時々されているが、本当かどうかわからないし都合悪いことは隠されている。

この映画で描かれているように現場の人たちは一所懸命努力していたが、もっと酷い事故になる可能性が高かった。
ラッキーが重なって東日本全体が避難しなければならない事態は避けられた。
が、あくまでもラッキーだっただけ。
あれほどの津波は想定外というが、警告はあったにも関わらず楽観視して対策を怠ったのだ。
マインドは悲観的だけど行動は楽観的なのは日本人の特徴である。
そうでないとアメリカ相手に戦争なんか起こせない(と何度も書いている)

オレは「がんばろう日本」なんてスローガンは大嫌い。
復興なんて言っているが、あんな放射能が高いところが復興できるわけがない。
友達が南相馬市の臨時職員になり、2年間仮設住宅に住んで働いていた。
地元の人はもらった金は復興なんかには使わない。
こども達のために貯金して終わり。
すべての人がそうだとは言わないが実態はそんなものである。
いくら頑張ったって出来ないことは出来ない。
そんなことにならないようにするのがリーダーの仕事。
それを放棄して責任を末端に押し付けているスローガンは大嫌いなのである。

というわけで、いかに日本のリーダー層がアホで情けなく頼りにならないか、この映画を観てもう一回確認しておきましょう(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント