Billboard Album200 & HOT100 2020年4月18日付

【アルバム】
After_Hours.pngザ・ウィークエンドの “After Hours” が3週連続ナンバー1。
彼にとって4枚連続4枚目の全米ナンバー1を記録。
2018年の “My Dear Melancholy” は16万9千ユニット(6万8千枚)で初登場1位。
“My Dear Melancholy” 以外の3枚はすべて複数週ナンバー1を記録。
ポイントは35%減の9万ユニット。
売上枚数も51%減の2万3千枚。
9万ユニットでのトップポジションは、今年では1月4日付けハリー・スタイルズ “Fine Line” の8万9千に次ぐ低成績。

ラッパー、ロッド・ウェイブの2枚目 “Pray 4 Love” が2位に初登場。
7万2千ユニットのうちストリーミングユニットが6万9千で売上枚数は2千枚。
昨年のデビューアルバム “Ghetto Gospel” は2万7千ユニットで最高10位まで上昇。

ラッパー、リル・ウージー・ヴァートの “Eternal Atake” は3位変わらず。
ポイントは19%ダウンの6万9千。

ラッパー、リル・ベイビーの “My Turn” は10%減の4万8千ユニットながら6位から4位に上昇。

サム・ハントの2枚目 “Southside” が4万6千ユニット(1万6千枚)で5位に初登場。
2014年のデビューアルバム “Montevallo” は7万枚で初登場最高3位。

バド・バニーの “YHLQMDLG” が15%減の4万3千ユニットながら7位から6位に上昇。

21歳のラッパー、ロディ・リッチのデビューアルバム “Please Excuse Me for Being Antisocial” は6%減の3万8千ユニットながら9位から7位に上昇。

デュア・リパの “Future Nostalgia” は43%減の3万8千ユニットで4位から8位に後退。

ポスト・マローンのナンバー1アルバム “Hollywood’s Bleeding” が11位から9位に上昇してトップ10内に復帰。
ポイントは2%減の3万7千ユニット。

ジェネイ・アイコの “Chilombo” も12位から10位に上昇してトップ10復帰。
ポイントは12%減の2万7千ユニット。

1 1 After Hours / The Weeknd 90,000 (23,000)
2 - Pray 4 Love / Rod Wave 72,000 (2,000)
3 3 Eternal Atake / Lil Uzi Vert 69,000
4 6 My Turn / Lil Baby 48,000
5 - Southside / Sam Hunt 46,000 (16,000)
6 7 YHLQMDLG / Bad Bunny 43,000
7 9 Please Excuse Me for Being Antisocial / Roddy Ricch 38,000
8 4 Future Nostalgia / Dua Lipa 38,000
9 11 Hollywood’s Bleeding / Post Malone 37,000
10 12 Chilombo / Jhené Aiko 27,000

【シングル】
Toosie_Slide.pngドレイクの “Toosie Slide” が初登場1位。
彼にとって “God's Plan”、“Nice for What” に続く3枚目の初登場ナンバー1。
初登場ナンバー1ソングを3枚保持するのは他にマライア・キャリーだけ。
とはいってもマライアの記録は1990年代でストリーミング全盛の今とは記録の意味が違い単純に比較はできない。
ストリーミング5,550万で Streaming Songs 初登場1位。
ストリーミングチャート1位は8曲目で、2位ジャスティンの4曲に大きく水をあける。
ダウンロードは2万5千で Digital Songs 3位。
エアプレイも3,460万で Radio Songs 43位から22位に上昇。
ドレイクのナンバー1は7曲目でトップ10入りは37曲目、。
トップ10ソング保持の最高記録はマドンナの38曲であと一枚にせまった。
3位以下はザ・ビートルズの34枚、リアーナ31枚、マイケル・ジャクソン30枚。
トップ40入りは101曲、ホット100へのチャート入りはなんと209曲目で両方とも最高記録。
トップ40ソング保持の2位はリル・ウェインの82曲、以下エルビス・プレスリーの81曲でダントツ。
Hot R&B/Hip-Hop Songs チャートとHot Rap Songsの両チャートで1位。
Hot R&B/Hip-Hop Songs チャートの1位は20曲目でアリサ・フランクリンとスティービー・ワンダーの記録に並び記録更新を確実なものとした。
Hot Rap Songsチャートでの1位は21曲目で2位リル・ウェインの11曲に大差をつけている。

ザ・ウィークエンドの “Blinding Lights” は2週続いた1位から2位に一歩後退。
エアプレイは7%増の1億470万で Radio Songs 2位から1位に上昇。
ストリーミング7%減の2,690万で Streaming Songs 2位から3位に後退。
ダウンロードは3%減の2万1千で Digital Songs 1位から4位に後退。
Hot R&B Songs チャートは7週目の1位。

ロディ・リッチの “The Box” は2位から3位に後退。

デュア・リパの “Don't Start Now” も3位から4位に後退。

フューチャー・フィーチャリング・ドレイクの “Life Is Good” は5位変わらず。

ポスト・マローンの “Circles” は4位から6位に後退。
トップ10内滞在週数を32週まで伸ばしてあと一週で最高記録に並ぶ。

ハリー・スタイルズの “Adore You” は6位から7位に後退。

ドジャ・キャットの “Say So” も7位から8位に後退。

ジャスティン・ビーバー フィーチャリング クアヴォの “Intensions” も8位から9位に後退。

ビリー・アイリッシュの “Everything I Wanted” も9位から10位に後退。

また、ドレイクの長いナンバーワンロードが始まりそう。
個人的にはなんとかザ・ウィークエンドにがんばって欲しいがどうなることか(笑)

1 - Toosie Slide / Drake
2 1 Blinding Lights / The Weeknd
3 2 The Box / Roddy Ricch
4 3 Don't Start Now / Dua Lipa
5 5 Life Is Good / Future featuring Drake
6 4 Circles / Post Malone
7 6 Adore You / Harry Styles
8 7 Say So / Doja Cat
9 8 Intensions / Justin Bieber featuring Quavo
10 9 Everything I Wanted / Billie Eilish

次週≪≫前週


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント