Billboard Album200 & HOT100 2020年7月18日付

【アルバム】
ShootForTheStarsAimForTheMoon.png今年2月19日にLAの自宅で銃撃され亡くなったポップ・スモークの “Shoot for the Stars Aim for the Moon” が初登場ナンバー1。
ポイントは25万1千ユニットでそのうち5万9千枚が売上枚数。
ミックステープ “Meet the Woo, V.2” が今年の2月22日付で初登場最高7位。
初のスタジオ録音盤で初の1位かつ2枚目のトップ10を記録。
アーティストの死後に発表されたアルバムが1位になるのはエックスエックスエックステンタシオン “Skins” が13万2千ユニットで2018年12月22日付チャートで初登場ナンバー1を記録して以来。
“Shoot for the Stars Aim for the Moon” が初登場ナンバー1となることが報じられたのは、7月9日に銃撃事件の容疑者5名逮捕が報じられた直後だった。

14位から2位にオリジナルブロードウェイキャストの “Hamilton: An American Musical” が上昇。
ポイントは294%増の10万2千ユニットでそのうち売上枚数が592%増の3万2千枚。
7月3日にオリジナルブロードウェイキャストのほとんどが出演している舞台のストリーミングが解禁されて売上増。
このアルバムの過去最高位は2016年のトニー賞発表後の2016年7月2日付で記録した3位。
チャートインして250週目で過去最高の2位に到達した。
オリジナルキャストのアルバムが2位まで上昇するのは、1969年に “Hair” が13週1位を記録して以来の最高位。
色々な記録を樹立しているようだが、ハミルトンもポップ・スモークも日本で話題にのぼることはほぼ皆無と言って良いと思う(笑)

ラッパー、リル・ベイビーの “My Turn” は11%減の6万2千ユニットで1位から3位に後退。

ダベイビーの “Blame It on Baby” も8%減の3万6千ユニットで3位から4位に後退。

ポスト・マローンの “Hollywood's Bleeding” も8%減の3万6千ユニットで4位から5位に後退。

ザ・ウィークエンドの “After Hours” も7%減の2万9千ユニットで5位から6位に後退。

ハリー・スタイルズの “Fine Line” も7%減の2万9千ユニットで6位から7位に後退。

シカゴ出身の若手ラッパー、ポロGの “The Goat” も8%減の2万8千ユニットで7位から8位に後退。

リル・ウージー・ヴァートの “Eternal Atake” も11%減の2万7千ユニットで8位から9位に後退。

リル・ダークの “Just Cause Y’all Waited 2” も36%減の2万7千ユニットで2位から10位に後退。
7曲が追加収録された再発盤が6月26日に発売されたことによる売上効果が剥落。

1 - Shoot for the Stars Aim for the Moon / Pop Smoke 251,000 (59,000)
2 14 Hamilton: An American Musical / the original Broadway cast recording 102,000 (32,000)
3 1 My Turn / Lil Baby 62,000
4 3 Blame It on Baby / DaBaby 36,000
5 4 Hollywood's Bleeding / Post Malone 36,000
6 5 After Hours / The Weeknd 29,000
7 6 Fine Line / Harry Styles 29,000
8 7 The Goat / Polo G 28,000
9 8 Eternal Atake / Lil Uzi Vert 27,000
10 2 Just Cause Y’all Waited 2 / Lil Durk 27,000

【シングル】
Rockstar.pngダベイビー フィーチャリング ロディ・リッチの “Rockstar” が3週連続通算5週目の1位。
ストリーミング3%玄の4,240万ながらStreaming Songs 8週連続1位。
ダウンロードも16%減の1万3千ながらDigital Songs 3位から2位に上昇。
エアプレイは17%増の5,420万で今週のエアプレイゲイナーを獲得し Radio Songs 10位から5位に上昇。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートも3週連続通算5週目の1位。
6月26日にリリースされたオフィシャルビデオと28日夜に配信されたBET Awardでのパフォーマンスで売上増。

ザ・ウィークエンドの “Blinding Lights” が3位から2位に上昇。
エアプレイよこばいの7,730万で Radio Songs 14週連続1位。
エアプレイチャート14週1位は5位タイ記録。

1位獲得週数, タイトル, アーティスト, 1位到達日付
18, "Iris," Goo Goo Dolls, Aug. 1, 1998
16, "Girls Like You," Maroon 5 feat. Cardi B, Aug. 4, 2018
16, "We Belong Together," Mariah Carey, May 28, 2005
16, "Don't Speak," No Doubt, Dec. 7, 1996
14, "Blinding Lights," The Weeknd, April 18, 2020
14, "High Hopes," Panic! at the Disco, Dec. 1, 2018
14, "No One," Alicia Keys, Nov. 3, 2007
14, "Because You Loved Me," Celine Dion, April 13, 1996

Hot R&B Songs チャートは7週連続通算17週目の1位。

ジャック・ハーロウ フィーチャリング ダベイビー、トーリ・レーンズとリル・ウェインの “Whats Poppin” は先週の2位から3位に後退。

ミーガン・ジー・スタリオン フィーチャリング ビヨンセの “Savage” は4位変わらず。

セイント・ジョンの “Roses” も5位変わらず。

故ポップ・スモーク フィーチャリング リル・ベイビーとダベイビーの “For The Night” が6位に初登場。
ストリーミング2,760万で Streaming Songs 2位に初登場。
ダウンロードも5千で Digital Songs18位。

ハリー・スタイルズの “Watermelon Sugar” が8位から7位に上昇。

リル・モジーの “Blueberry Faygo” も9位から8位に上昇。

ドージャ・キャット の “Say So” は6位から9位に後退。

ジャスティン・ビーバー フィーチャリング クワヴォの “Intensions” も7位から10位に後退。

1 1 Rockstar / DaBaby featuring Roddy Ricch
2 3 Blinding Lights / The Weeknd
3 2 Whats Poppin / Jack Harlow featuring DaBaby, Tory Lanez and Lil Wayne
4 4 Savage / Megan Thee Stallion featuring Beyonce
5 5 Roses / SAINt JHN
6 - For the Night / Pop Smoke featuring Lil Baby and DaBaby
7 8 Watermelon Sugar / Harry Styles
8 9 Blueberry Faygo / Lil Mosey
9 6 Say So / Doja Cat featuring Nicki Minaj
10 7 Intensions / Justin Bieber featuring Quavo

次週≪≫前週

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント