Billboard Album200 & HOT100 2020年7月25日付

【アルバム】
Legends_Never_Die.pngジュース・ワールドの “Legend Never Dies” が初登場ナンバー1。
ポイントは49万7千ユニットでそのうち売上枚数が20万9千枚。
昨年の “Death Race for Love” は16万5千ユニットで初登場ナンバー1。
彼にとって2枚目の全米ナンバー1を記録。
このアルバムは昨年12月8日の逝去後初のリリース。
ストリーミングユニットが28万3千と半分以上だが売上枚数も20万越え。
100種類以上のグッズ付きアルバムが販売されている。
当然のことながら他の多くのアルバムのようなチケットとの抱き合わせ販売は不可能。
49万7千ユニットはザ・ウィークエンド “After Hours” の44万4千を抜き今年の最大売上。

今年2月19日にLAの自宅で銃撃され亡くなったポップ・スモークの “Shoot for the Stars Aim for the Moon” は先週の初登場ナンバー1から一歩後退の2位。
ポイントは56%減の11万ユニット。
死後発表のアルバムが2週続けて2アーティスト1位を記録するのはチャート史上初。

オリジナルブロードウェイキャストの “Hamilton: An American Musical” が2位から3位に後退。
ポイントは7%減の9万5千ユニット。
7月3日にオリジナルブロードウェイキャストのほとんどが出演している舞台のストリーミングが解禁されて売上増。
このアルバムの過去最高位は2016年のトニー賞発表後の2016年7月2日付で記録した3位。
チャートインして250週目で先週過去最高の2位に到達した。

ラッパー、リル・ベイビーの “My Turn” は7%減の5万8千ユニットで3位から4位に後退。

ポスト・マローンの “Hollywood's Bleeding” は5%減の3万4千ユニットながら5位変わらず。

ダベイビーの “Blame It on Baby” も8%減の3万3千ユニットで4位から6位に後退。

ハリー・スタイルズの “Fine Line” も4%減の2万8千ユニットながら7位変わらず。

サマー・ウォーカーの “Life On Earth” が2万8千ユニット(3千枚)で8位に初登場。
彼女にとって2枚目のトップ10入り。

ザ・ウィークエンドの “After Hours” は8%減の2万7千ユニットで6位から9位に後退。

シカゴ出身の若手ラッパー、ポロGの “The Goat” も6%減の2万7千ユニットで8位から10位に後退。

1 - Legends Never Die / Juice WRLD 497,000 (209,000)
2 1 Shoot for the Stars Aim for the Moon / Pop Smoke 11,000
3 2 Hamilton: An American Musical / the original Broadway cast recording 95,000
4 3 My Turn / Lil Baby 58,000
5 5 Hollywood's Bleeding / Post Malone 34,000
6 4 Blame It on Baby / DaBaby 33,000
7 7 Fine Line / Harry Styles 28,000
8 - Life On Earth / Summer Walker 28,000 (3,000)
9 6 After Hours / The Weeknd 27,000
10 8 The Goat / Polo G 28,000

【シングル】
Rockstar.pngダベイビー フィーチャリング ロディ・リッチの “Rockstar” が4週連続通算6週目の1位。
ストリーミング8%減の3,900万でStreaming Songs 8週続いた1位から2位に後退。
ダウンロードも16%減の1万1千でDigital Songs 2位から3位に後退。
エアプレイは9%増の5,900万で Radio Songs 5位から3位に上昇。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートも4週連続通算6週目の1位。

ジュース・ワールドの曲が5曲トップ10内にランクインして、62年のチャート史上3組目のアーティストとなった。
ドレイクが2018年7月14日付で7曲をランクインさせたのが最高記録。
ビートルズは1964年4月4日と11日に2週続けて5曲をランクインさせた。
ビートルズはトップ5独占でこの記録はいまだにやぶられていない。

2位に “Come & Go” が初登場してストリーミング3,640万で Streaming Songs 1位。
ダウンロード1万2千で Digital Songs 初登場2位。
“Wishing Well” が5位、“Conversations” が7位、“Hate the Other Side” が10位に初登場。
ホールジーをフィーチャーした “Life's a Mess” が74位から9位に上昇。

ジャック・ハーロウ フィーチャリング ダベイビー、トーリ・レーンズとリル・ウェインの “Whats Poppin” は3位変わらず。

ザ・ウィークエンドの “Blinding Lights” は2位から4位に後退。
エアプレイ1%減の7,640万で Radio Songs 15週連続1位。
エアプレイチャート15週1位は単独5位。

1位獲得週数, タイトル, アーティスト, 1位到達日付
18, "Iris," Goo Goo Dolls, Aug. 1, 1998
16, "Girls Like You," Maroon 5 feat. Cardi B, Aug. 4, 2018
16, "We Belong Together," Mariah Carey, May 28, 2005
16, "Don't Speak," No Doubt, Dec. 7, 1996
15, "Blinding Lights," The Weeknd, April 18, 2020
14, "High Hopes," Panic! at the Disco, Dec. 1, 2018
14, "No One," Alicia Keys, Nov. 3, 2007
14, "Because You Loved Me," Celine Dion, April 13, 1996

Hot R&B Songs チャートは8週連続通算18週目の1位。

ミーガン・ジー・スタリオン フィーチャリング ビヨンセの “Savage” は4位から6位に後退。

セイント・ジョンの “Roses” も5位から8位に後退。

1 1 Rockstar / DaBaby featuring Roddy Ricch
2 - Come & Go / Juice WRLD with Marshmello
3 3 Whats Poppin / Jack Harlow featuring DaBaby, Tory Lanez and Lil Wayne
4 2 Blinding Lights / The Weeknd
5 - Wishing Well / Juice WRLD
6 4 Savage / Megan Thee Stallion featuring Beyonce
7 - Conversations / Juice WRLD
8 5 Roses / SAINt JHN
9 74 Life's a Mess / Juice WRLD with Halsey
10 - Hate the Other Side / Juice WRLD with Marshmello and featuring Polo G and The Kid LAROI

次週≪≫前週

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント