Billboard Album200 & HOT100 2020年8月1日付

【アルバム】
Legends_Never_Die.pngジュース・ワールドの “Legend Never Dies” が2週連続ナンバー1。
ポイントは67%減の16万2千ユニットながら1位をキープ。
昨年の “Death Race for Love” は16万5千ユニットで初登場ナンバー1。
彼にとって2枚目の全米ナンバー1。
このアルバムは昨年12月8日の逝去後初のリリース。

今年2月19日にLAの自宅で銃撃され亡くなったポップ・スモークの “Shoot for the Stars Aim for the Moon” は2位変わらず。
ポイントは26%増の13万8千ユニット。
ポップ・スモークの誕生日7月20日に15曲を追加収録した再発盤が発売されて売上増。

ザ・チックスの14年ぶりのアルバム “Gaslighter” が3位に初登場。
ポイント8万4千のうち売上枚数が7万1千枚。
こちらが今週のベストセリングアルバム。
彼らのトップ10アルバムは5枚目でそのうち3枚が全米ナンバー1。
2006年の前作 “Taking the Long Way” は52万6千枚を売り上げて初登場1位。
次の週も27万1千枚で1位をキープ。
アメリカでの人気はすごいが日本でのプレゼンスはほとんどないグループのひとつ。
グループ名はディクシー・チックスだったが今年の6月26日に、ディクシーという南部奴隷制を想起させる言葉をバンド名からデリートしてチックスに改名した。

オリジナルブロードウェイキャストの “Hamilton: An American Musical” が3位から4位に後退。
ポイントは18%減の7万8千ユニット。
7月3日にオリジナルブロードウェイキャストのほとんどが出演している舞台のストリーミングが解禁されて売上増。
このアルバムの過去最高位は2016年のトニー賞発表後の2016年7月2日付で記録した3位。
チャートインして250週目で先々週過去最高の2位に到達した。

ラッパー、リル・ベイビーの “My Turn” は2%減の5万7千ユニットで4位から5位に後退。

ジェネイ・アイコの “Chilombo” が43位から6位に上昇。
ポイント247%増の5万ユニット。
7月17日に9曲を追加収録したデラックス盤が発売されたことによる売上増。

ポスト・マローンの “Hollywood's Bleeding” は1%減の3万4千ユニットで5位から7位に後退。

ダベイビーの “Blame It on Baby” も4%減の3万2千ユニットで6位から8位に後退。

ハリー・スタイルズの “Fine Line” は3%増の2万9千ユニットながら7位から9位に後退。

ザ・ウィークエンドの “After Hours” は1%減の2万7千ユニットで9位から10位に後退。

1 1 Legends Never Die / Juice WRLD 162,000 (209,000)
2 2 Shoot for the Stars Aim for the Moon / Pop Smoke 138,000
3 - Gaslighter / The Chicks 84,000 (71,000)
4 3 Hamilton: An American Musical / the original Broadway cast recording 78,000
5 4 My Turn / Lil Baby 57,000
6 43 Chilombo / Jhené Aiko 50,000
7 5 Hollywood's Bleeding / Post Malone 34,000
8 6 Blame It on Baby / DaBaby 32,000
9 7 Fine Line / Harry Styles 29,000
10 9 After Hours / The Weeknd 27,000

【シングル】
Rockstar.pngダベイビー フィーチャリング ロディ・リッチの “Rockstar” が5週連続通算7週目の1位。
ストリーミング7%減の3,620万ながらStreaming Songs 2位から1位に復帰して通算9週目の1位。
エアプレイは5%増の6,210万で Radio Songs 3位から2位に上昇。
ダウンロードも6%減の1万1千でDigital Songs 3位から5位に後退。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートも5週連続通算7週目の1位。

ジャック・ハーロウ フィーチャリング ダベイビー、トーリ・レーンズとリル・ウェインの “Whats Poppin” は3位から2位に上昇。
ストリーミング19%増の3,330万でStreaming Songs 7位から2位に上昇。
ダウンロードも36%増の6千でDigital Songs 21位から13位に上昇。
エアプレイも5%増の3,780万で Radio Songs 18位変わらず。

DJキャレド フィーチャリング ドレイクの “Popstar” と “Greece” が3位と8位に初登場。
それぞれストリーミングが2,840万と2,210万で Streming Songs 3位と4位に初登場。
ダウンロードは1万5千と9千で Digital Songs 1位と7位に初登場。
ダウンロード1位はDJキャレド2枚目、ドレイクは12枚めとなる。
エアプレイは1,310万と350万でエアプレイチャートランク外。

DJキャレドのトップ10ヒットはこれで5枚目だけどドレイクはなんと40枚め。
マドンナの38枚を抜き去り最多アーティストとなった。
以下はビートルズ34枚、リアーナ31枚、マイケル・ジャクソン30枚。
マライア・キャリーとスティービー・ワンダー28枚、ジャネットジャクソンとエルトン・ジョン27枚、リル・ウェイン、エルビスとテイラースイフトの25枚と続く。
ドレイクは他に最多トップ10デビュー25枚、ホット100ランクイン224枚、トップ40ランクイン113枚も記録更新。

ザ・ウィークエンドの “Blinding Lights” が2位から4位に後退。
エアプレイ2%減の7,470万あがら Radio Songs 16週連続1位。
エアプレイチャート16週1位は2位タイ記録。

1位獲得週数, タイトル, アーティスト, 1位到達日付
18, "Iris," Goo Goo Dolls, Aug. 1, 1998
16, "Blinding Lights," The Weeknd, April 18, 2020
16, "Girls Like You," Maroon 5 feat. Cardi B, Aug. 4, 2018
16, "We Belong Together," Mariah Carey, May 28, 2005
16, "Don't Speak," No Doubt, Dec. 7, 1996
14, "High Hopes," Panic! at the Disco, Dec. 1, 2018
14, "No One," Alicia Keys, Nov. 3, 2007
14, "Because You Loved Me," Celine Dion, April 13, 1996

Hot R&B Songs チャートは9週連続通算19週目の1位。

セイント・ジョンの “Roses” は8位から5位に上昇。

ミーガン・ジー・スタリオン フィーチャリング ビヨンセの “Savage” は6位変わらず。

ハリー・スタイルズの “Watermelon Sugar” が11位から7位に上昇。

ジュース・ワールドとマシュメロの “Come & Go” は先週の2位から9位に後退。

クリス・ブラウンとヤング・サグの “Go Crazy” が29位から10位に上昇。
ストリーミング38%増の1,650万でStreaming Songs 37位から15位に上昇。
ダウンロードも59%増の5千でDigital Songs 43位から17位に上昇。
エアプレイも1%増の3,490万で Radio Songs 21位から20位に上昇。

1 1 Rockstar / DaBaby featuring Roddy Ricch
2 3 Whats Poppin / Jack Harlow featuring DaBaby, Tory Lanez and Lil Wayne
3 - Popstar / DJ Khaled featuring Drake
4 4 Blinding Lights / The Weeknd
5 8 Roses / SAINt JHN
6 6 Savage / Megan Thee Stallion featuring Beyonce
7 11 Watermelon Sugar / Harry Styles
8 - Greece / DJ Khaled featuring Drake
9 2 Come & Go / Juice WRLD with Marshmello
10 29 Go Crazy / Chris Brown and Young Thug

次週≪≫前週

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント