NHK杯戦屋敷伸之九段VS山本博志四段

本日放映されたNHK杯テレビ将棋トーナメントは久しぶりに面白かった。

序盤中盤も面白かったがハイライトは終盤。
先手の屋敷九段が7二龍と取った177手目の局面は先手玉に詰みが生じていた。
2020-08-23a.png

山本四段は、4五飛 同角 4七歩 5九玉 4八角 6九玉 6八香 同金 同銀成 同玉 7七銀 7九玉 8八銀不成 同玉 6六角成 7九玉 7六香 6九玉
と正解手順をすすめた。
2020-08-23b.png

ここからは簡単な9手詰め。

正解は
7九金 6八玉 7八金 同角 7七桂成 5九玉 4八歩成 6九玉 7八成桂 まで。

うーんちょっと残念すぎる詰み逃し。

また、局後に屋敷九段も言っていたが、7八金 同角 同香成 同玉 4五角 と王手龍取りをかけても勝ち。

山本四段は7五馬と桂を取ってしまった。
それでは8三龍で簡単に詰みだ。
押され気味の展開だっただけに、せっかくめぐってきたチャンスをつかみそこねた残念譜。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年08月24日 09:25
終盤は凄かったですね、久々の熱戦を見ました
屋敷九段の7二龍で終局かと思われたのが 1手開いたと見た山本氏の反撃
解説の戸部七段も屋敷九段の勝ちを確信したのが あれ?あれれ。。。
もう解説になっていませんでしたね、それほど攻防が激しかったんでしょう

私もなんとなく山本四段の詰めを予想出来ていましたが7五桂取りに行った時 エッ!勿体無いと思いましたよ、やっぱり 攻め続けていたら勝っていたんですね。
まっつぁんこ
2020年08月24日 14:24
yokoさんコメントありがとうございます。
山本先生は感想戦で「中合されて・・・」とか言っていたので、7九金 6八玉 7七桂成 7九玉 6七成桂 に中合されて詰まないと読んだのでしょう。7八金に気がつかなかったのだと思います😄
しげぼん
2020年08月29日 13:05
今頃のコメントですみません。
確かに、白熱の対局でしたね。
私も、「えっ、ウソッと、まさか!」と興奮して観入っていました。

今日、録画をもう一度確認して、山本4段に勝ちがあったかどうかを確かめようと、
貴ブログに到達した次第です。わかりやすい解説でした。もしかしたら、戸部くんより先に綾ちゃんの方が先に詰みを読んでいたかもですね。

今回は、惜しかったですが、今後の山本4段の活躍に注目したいと思います。
まっつぁんこ
2020年08月29日 15:05
しげぽんさん コメントありがとうございます。
山本博志四段とは角落ちで対戦してふっとばされました。そのうちまた教わりたいと思っています。数少ない振飛車党なので応援しています。