google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

Billboard 2021年4月3日付




【アルバム】
Justin_Bieber_-_Justice.pngジャスティン・ビーバーの “Justice” が15万4千ユニットで1位に初登場してジャスティン8枚目の全米ナンバー1を記録。
モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double Album” の10週に渡る独走に終止符を打った。
15万9千ユニットのうちストリーミングが11万9千でこれは1億5,702万回のオンデマンドストリーミングに相当する。
売上枚数は3万枚。
ジャスティン・ビーバーのチャートインアルバム10枚は全てトップ10入りしそのうち8枚が1位。

ジャステイン・ビーバーのナンバー1アルバムリスト
① My World 2.0 2010/4/10、4/24~5/1、5/29 (4週間)
② Never Say Never: The Remixes EP 2011/3/5 (1週間)
③ Under the Mistletoe 2011/11/19 (1週間)
④ Believe 2012/7/7 (1週間)
⑤ Believe: Acoustic 2013/2/16 (1週間)
⑥ Purpose 2015/12/5 (1週間)
⑦ Changes 2020/2/29 (1週間)
⑧ Justice 2021/4/3

昨年の “Changes” は23万1千ユニット(売上枚数12万6千枚)で初登場1位。

ラナ・デル・レイの “Chemtrails Over the Country Club” が初登場2位。
7万5千ユニットのうち売上枚数が5万8千枚でこちらが今週のベストセリングアルバム。
彼女のチャートインアルバムは8枚で今回が7枚目のトップ10入り。
2019年の前作 “Norman Fucking Rockwell! ” は10万4千ユニット(6万6千枚)で初登場最高3位。
2017年の “Lust for Life” は10万7千ユニット(8万枚)で初登場1位。
2014年の “Ultraviolence” も18万2千枚で1位を記録。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double Album” は4%減の6万6千ユニットで10週続いたナンバー1から3位に後退。

ポップ・スモークの “Shoot for the Stars Aim for the Moon” は微増の4万ユニットながら2位から4位に後退。

デュア・リパの “Future Nostalgia” は3位から5位に後退。
ポイントは5%減の3万6千ユニット。
3月14日のグラミーで “Levitating” と “Don’t Start Now” の2曲をパフォーマンス。

プー・シエスティーの “Sheisty Season” は6位変わらず。
ポイントは3%増の3万1千ユニット。

ザ・ウィークエンドの “After Hours” は4位から7位に後退。
ポイントは5%減の3万1千ユニット。

リル・ベイビーの “My Turn” は微減の3万ユニットで7位から8位に後退。

リル・ダークの “The Voice” は8位から9位に後退。
ポイントは3%減の2万8千ユニット。

ルーク・コムスの “What You See Is What You Get” が2%増の2万7千ユニットで11位から10位に上昇。

1 - Justice / Justin Bieber 154,000 (30,000)
2 - Chemtrails Over the Country Club / Lana Del Rey 75,000 (58,000)
3 1 Dangerous: The Double Album / Morgan Wallen 66,000
4 2 Shoot for the Stars Aim for the Moon / Pop Smoke 40,000
5 3 Future Nostalgia / Dua Lipa 36,000
6 6 Shiesty Season / Pooh Shiesty 31,000
7 4 After Hours / The Weeknd 31,000
8 7 My Turn / Lil Baby 30,000
9 8 The Voice / Lil Durk 28,000
10 11 What You See Is What You Get / Luke Combs 27,000

【シングル】
Justin_Bieber_-_Peaches.pngジャスティン・ビーバー フィーチャリング ダニエル・シーザー アンド ギヴオン の “Peaches” が初登場1位。
男性ソロアーティストとしては史上初めてアルバムシングル両チャート同時に初登場1位の偉業達成。
他にはテイラー・スイフトが2回BTSが一回達成している。
ジャスティン7枚目ダニエル・シーザーとギヴオンは初のナンバー1。
62年のチャート史上1,119枚目、50枚目の初登場ナンバー1。
ストリーミング3,060万 で Streaming Songs 初登場1位。
売上1万6千で Digital Songs 初登場3位。
エアプレイは1,210万
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot R&B Songs の両チャートも初登場1位。

カーディBの “Up” は先週の1位から2位に後退。
エアプレイ1%増の3,520万ながら Radio Songs 14位変わらず。
ストリーミング3%増の2,350万で Streaming Songs 3位から2位に上昇。
ダウンロードは8%減の1万7千ながら Digital Songs 3位から2位に上昇。
Hot Rap Songs は2週連続通算5週目の1位。

シルク・ソニックの “Leave the Door Open” は2位から3位に後退。
シルク・ソニックとはブルーノ・マーズとアンダーソン・パークのデュオプロジェクト。
エアプレイは26%増の4,850万で今週もエアプレイゲイナーを獲得して Radio Songs 12位から8位に上昇。

オリヴィア・ロドリゴの “Drivers License” は3位から4位に後退。
日本で彼女の名前を聞くことはほとんどないが、ディズニー・チャンネル“やりすぎ配信!ビザードパーク”のペイジ役やディズニー・プラスのシリーズ“ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル”のニニ役をやっているらしい。
配信契約している人の間では知られているのだろう。
ティック・トックやテイラー・スイフトのファンとしても知られているらしい。
エアプレイは3%減の7,000万ながら Radio Songs 3週連続1位。
2002年11月5日生まれのジョシュア685より若く 現在のところシングルナンバー1アーティスト最年少。
17歳11か月でのシングルチャート1位は最近ではビリー・アイリッシュの17歳8か月と1週間に次ぐ若さ。

ザ・ウィークエンドの “Save Your Tears” は5位変わらず。

“Blinding Lights” も6位変わらず。
これでシングルチャートへのランクインは68週目。
トップ10内のランクインは55週の最長記録更新。

デュア・リパ フィーチャリング ダベイビーの “Levitating” も7位変わらず。

ドレイクの “What's Next” は4位から8位に後退。

ポップ・スモークの “What You Know Bout Love” が12位から9位に上昇してトップ10再突入。

24Kゴールデン フィーチャリング イアン・ディオールの “Mood” は8位から10位に逆戻り。
Hot Rock & Alternative Songs チャートと Hot Alternative Songs チャートで30週連続1位。

1 - Peaches / Justin Bieber featuring Daniel Caesar and Giveon
2 1 Up / Cardi B
3 2 Leave the Door Open / Silk Sonic
4 3 Drivers License / Olivia Rodrigo
5 5 Save Your Tears / The Weeknd
6 6 Blinding Lights / The Weeknd
7 7 Levitating / Dua Lipa featuring DaBaby
8 4 What's Next / Drake
9 12 What You Know Bout Love / Pop Smoke
10 8 Mood / 24kGoldn featuring iann dior

次週≪≫前週



google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント