google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

第6期叡王戦挑戦者決定戦斎藤慎太郎八段VS藤井聡太二冠





本日指された叡王戦の挑戦者決定戦は114手で藤井聡太二冠の勝ち。

ハイライトは中盤の76手目6五桂と飛んだ局面。
先手の斎藤慎太郎八段が2四銀から1五歩と妙手を繰り出して若干良さげな局面から藤井二冠は4七歩から6五桂と勝負手を繰り出した。
2021-06-26e.png

この局面のAI評価は先手優勢で推奨手は1四歩。
先手が6八銀と引くとAI評価は逆転。
以降は藤井二冠が優勢をキープしてゴールインした。

局後の感想で斎藤八段は堅実にいったつもりだったが直後の4四角を見落としたとのこと。

6五桂以下の進行
6八銀 4四角 同角 同角 同飛 1四歩 4六角 1三歩成 3一玉
82手目の4六角で藤井二冠は優勢を意識したそうです。
2021-06-26f.png

中村九段のこの局面での解説は、以下 2三と 1九香成 3三銀不成 同金 同と
で後手玉に必至がかかるが先手玉は詰みとのこと。
2021-06-26g.png

詰め手順は以下のとおり。
5七銀 6九玉 6八銀成 同金 同角成 同玉 7七銀 同桂 同桂成 同玉 6五桂 8八玉 7七銀 9七玉 9六香 同玉 8六金 同歩 同銀成 まで

2三と は負けなので斎藤八段は以下 6六角 2四角 3五桂 とねばった。
以下は4六飛 4七金 同飛成 同玉 3五歩 2三歩 1三香 同香成 同角 と安全運転。
1一飛 2一桂 5八玉 3六歩 1九飛 5七香 と進行。
5七香 に 6九玉 と逃げたいが 8八銀 で必至。
2021-06-26h.png

同角 なら 5八銀 7九玉 6九金 まで。
同金 なら 5八金 7九玉 6八金 同玉 5八香成 同玉 5七銀 4七玉 4六銀成 4八玉 3七成銀 5八玉 5七銀 同角 同桂成 6九玉 6八成桂 まで。
5七香 以下は着実に寄せて叡王戦の挑戦権獲得。
豊島将之叡王とのダブルタイトルマッチは天下分け目の決戦となりそう。
今から楽しみである。


google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント