google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

第367回詰工房参加記

6月20日(日)に開催された第367回詰工房の参加記を小池さんのマネして書いてみる(笑)
小池さんのブログ⇒ 詰将棋の欠片 
この日ははっきりしない天候だったが昼前から晴れた。
家から東京駅まで散歩。
駅前の広場はずいぶんときれいに整備された。
ベンチに腰掛けて持参のおにぎり一個を食べた。
東京駅から京浜東北線に乗り大井町へ。
きゅりあん到着は12時53分で金子さんに次ぐ二番乗り。
ノートに氏名を書いていると竹中さんがやってきて挨拶する。
三々五々人が集まり最終的な出席者は13名だった。

久しぶりに柳田会長が出席。
つみき書店から最近発売された「怒涛」と詰将棋ファン3号を販売されていた。
看寿賞の受賞作を発表したがっていたが竹中さんからダメ出し(笑)
9月の全国大会について、リアル大会開催の意欲を示されていた。
オンラインと併用での開催も模索されているとのこと。
解答王の出席補助についての話が少々。
看寿賞受賞者の補助も減らしているから補助の拡大は難しいとのこと。
オレは補助なんか関係なく行くときは行くし行かない時は行かない。
七條賞の受賞者は伝統的に(笑)出席しない。
ひどい時は筒井さんが代理で受け取っていたなんて笑い話も出た。
最近の山田修二氏の「夢のあと」について値段の割に本の造りがちゃちだという評判があるとのこと。
オレはあんな本出しても儲かるわけでないので出版して貰うだけでありがたいと申し上げた。
柳田さんは元ネタをPDFでもっているんだそうだ。

近藤郷さんが竹中さんに、同人室出題作についての質問をしていて笑った。
オレはまだよく見てもいなかった問題なので傍観。

宮田先生が来られたので持参したサイン入りの「受けの条件」をお見せする。
なんでも「やさしすぎる」といわれているそうで、そんなことないでしょう、こういうのは将棋上達に役に立ちますと申し上げた。
色々なレベルの人がいるので全員が満足する本は難しい。
「受けの条件」は一番対象となる人が多そうなレベルの難易度で良い本だと思います。

芹田さんがやってくると必ず新作を竹中さんに披露する。
彼の問題はいつも難しくて解けない。
青木さんが9手詰めを出題。
さすがにこれは解けた。良い問題でした。

オレも3年前にデパートに投稿して不採用だった作品を披露。
宮田先生が、駒が余るんですけどとおっしゃる。
確認してみると余詰めだった。
やっぱりソフトでチェックしないとダメだ。
投稿はしたがナシのつぶてで返送もされなかった。
まったく、余詰めなら余詰めと言って欲しいよなとぼやいた。

宮田先生から、今月の表紙作でふれられている31手詰を出題された。
実は先月、今月の表紙作は拝見していたのだがすっかり失念。
竹中さんは5分足らずで解いたというが(笑)その場では解けずアタマの中にインプット。
何倍も時間をかけてようやく解いた。
どこかに発表されると思うのでお楽しみに。

などと話をしていると15時になり春霞賞の選考。
今日は馬屋原くんは欠席で會場さんが説明を担当。
先月は該当なしに終わったが今月は1作が候補作としてノミネートされました。

その後は田中徹さんによる今月の注目作紹介。
オレはスマホ詰パラは見てないのでこのコーナーは楽しみにしている。
今回は利波君がスマホ詰パラから初の看寿賞かとツイートしていたのぞえり氏作「酩酊船」が目当てだった。
これは、“めいていせん”と音読みするのか“よいどれぶね”と訓読みするのか?
どうでもいいことが少し話題になった気がする。
作者ののぞえり氏だけど柳田会長は山路さんくらいしか考えつかないと言っていました。
解答つきだったのでどれくらい難しいのかは分かりません。
少し早く終了して17時まで歓談。
一部メンバーは二次会に行かれました。

google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント