google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

第6期叡王戦 本戦2回戦斎藤慎太郎八段VS渡辺明名人






さきほど終局した叡王戦斎藤慎太郎八段VS渡辺明名人戦は面白かった。
ハイライトはやはり終盤。
終盤は二転三転。
最後は渡辺名人が受けを誤り頓死負け。

96手目に渡辺名人は6七銀と打った。
2021-06-01b.png

この局面のAI評価は83-17で先手の勝ち。
斎藤八段が7九玉と引くと14-86に大逆転した。

以下 5八銀成 2四飛 と進行。
2021-06-01c.png

渡辺名人は残り時間が6分あったのに 2三金打 としてしまった。
2三金打 で評価値は再逆転。
99-1で先手勝ち(即詰みあり)となった。

2四飛 に対する正しい応手は 2三桂。
それなら以下 3三桂成 同玉 4五桂 には 4四玉 と逃げて 3五金 には 同桂 があるから詰まなかった。
2021-06-01d.png

最後は渡辺名人にしては珍しい頓死負け。
斎藤八段もたぶん盲点に入って読み落としていたのだと思う。
詰まないのわかっていれば 6七銀 は 同金 と取っていただろう。
これだから人間の指す将棋は面白い

google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント