google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

インヘリタンス





インヘリタンス.jpg

インヘリタンス@新宿武蔵野館
制作年:2020
制作国:アメリカ
英題:INHERITANCE
日本公開:2021年6月11日
上映時間:1時間51分
配給:クロックワークス

監督☆ヴォーン・スタイン

キャスト
ローレン・モンロー☆リリー・コリンズ
モーガン・ワーナー☆サイモン・ペッグ
キャサリン・モンロー☆コニー・ニールセン
ウィリアム・モンロー☆チェイス・クロフォード
パトリック・ウォーバートン
マルク・リチャードソン
マイケル・ビーチ

【あらすじ】
アメリカ・ニューヨークの政財界に絶大な影響力を誇る銀行家のアーチャー・モンローが急死し、妻と政治家の息子、地方検事である娘のローレン(リリー・コリンズ)が遺産を相続する。さらにローレンは、「真実は掘り起こすな」という奇妙な遺言と共に1本の鍵を受け継ぐ。遺言を頼りに彼女が屋敷の裏手に隠された地下室へ通じる扉を開けると、鎖につながれた男(サイモン・ペッグ)を発見。モーガンと名乗る男は30年もの間アーチャーに監禁されていたと彼女に話す。
【感想】
久しぶりに新宿武蔵野館にでかけた。
演しものはジェネシス、フィル・コリンズの娘リリー・コリンズ主演「インヘリタンス」
ローレン(リリー・コリンズ)が法廷にたっていると父アーチャーの訃報が届く。
法廷の場面と父が運転する車が事故を起こす場面が交互に映され、法廷闘争が物語の中心なのかなと思いながら観た。
遺産は妻と政治家の息子と地方検事ローレンへと相続された。
それとは別にローレンへは「真実は掘り起こすな」という映像が入ったメディアと1本の鍵が遺されていた。
で、掘り起こさなければいいのにローレンは映画を盛り上げるため😆扉を発見。
地下室に通じる扉を開けて下に降りていく。
中に入っている間に、扉を閉められて上から押さえられたらどうするんだと心配になった(笑)
それは日本人感覚でそんなところに来る人はいないのがアメリカなのだろう。
あらすじで激しくネタバレしているが、地下室にはモーガン・ワーナーと名乗る男が監禁されている。
それが父アーサーからの継承だった。
この男がいったい何者なのか?目的は何か?
なかなかサスペンスフルな展開に持ち込まれる。
最後になるほど!と思って観終わった。
ホラーより怖いのでネタバレ封印の上、覚悟してごらんあれ。
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント