google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

第369回詰工房参加記



8月22日(日)に開催された第369回詰工房の参加記を小池さんのマネして書いてみる(笑)
小池さんのブログ⇒ 詰将棋の欠片
第368回も参加したが記事は書かなかった(笑)
 
この日もはっきりしない天候だったが雨は降らなかった。
家から東京駅まで散歩。
途中アカシア書店に寄り、店主の星野さんの許可をえて、陳列されていた藤森五段の色紙や箱入りの扇子を撮影してツイッターに投稿。
暑かったので日経新聞本社から地下道を通って東京駅にむかった。
東京駅まえの行幸地下道を通ろうと思ったがワクチン接種センターが7月末から開設されていて通行できなかった。

駅前広場のベンチに腰掛けて持参のおにぎり二個を食べた。
その後東京駅から京浜東北線に乗り大井町へ。
きゅりあん到着は13時3分で金子さんに次ぐ二番乗り。
ノートに氏名を書いて座るとすぐに竹中さんがやってきた。
三々五々人が集まり最終的な出席者は11名だった。
今月はいつものメンバーしか来なかった。

さっそく竹中さんから短大級作品を出題されていじめられた(笑)
橋本八段の素材をアレンジした一作でかなり難しい。
【竹中さんによるとスラスラらしい(笑)】
馬屋原くんも苦戦していた。
そういえば芹田さんも苦戦していた。
その後いろいろと検討されていたのでどこかに出題されるかも。
オレは最初の筋悪ヴァージョンがいいんじゃないかと思ったが世論はそうでないようだった。

宮田先生が来られたので話をする。
おもしろい話もあったけどこれはオフレコ。
知りたい人はDMください(笑)
宮田先生は最近ツイッターで話題になっている、ひとつ駒を加えて一手詰の完全作にする、や一手詰の余詰について話題にされていた。
たとえば次のような図。
2021-08-26a.png

2一桂は必要か?
のようなマニアックな話(笑)

SUNTORY将棋オールスター東西対抗戦の人気投票が行われているので宮田先生に投票してくださいね!
投票はこちらから⇒https://allstartouzaitaikou.shogi.or.jp/

芹田さんがやってくると必ず新作を竹中さんに披露する。
先月は竹中さん欠席だったので芹田さんも途中で帰ってしまった(笑)
今月も2,3作をみせてもらった。
彼の問題はいつも難しくて解けない。
最近は双玉作を作っているそうで2作披露されていた。
両方とも筋の良い作品で感心。
2作目は表紙に採用されるかもしれない。
難しくて馬くんが苦戦していた。

青木さんからも13手詰め出題。
竹中さんがあっという間に解いていた。

などと話をしていると15時になり春霞賞の選考。
今日は馬屋原くんが説明を担当。
今月はオレも投票した2作が候補作としてノミネートされました。

その後は田中徹さんによる今月の注目作紹介。
オレはスマホ詰パラは見てないのでこのコーナーは楽しみにしている。
少し早く終了して17時まで歓談。
今月も先月に続き二次会なしで解散となった。

google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント