google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

Billboard 2021年9月18日



【アルバム】
Certified_Lover_Boy.pngドレイクの “Certified Lover Boy” が1位に初登場。
ポイント61万3千ユニットのうち売上は4万6千枚。
全てがダウンロードでCDのリリースは10月1日が予定されている。
ストリーミングユニットは56万2千ユニットでこれは7億4,367万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
ドレイクのナンバー1アルバムは10枚目で65年のチャート史上8組しかいない二桁ナンバー1アルバムを記録。
一番はザ・ビートルズの19枚で以下ジェイ-Z14枚ブルース・スプリングスティーンとバーブラ・ストレイザンド11枚、エミネム、エルビス、カニエとドレイク10枚と続く。
9枚はガース・ブルック、ケニー・チェズニー、マドンナ、ザ・ローリング・ストーンズとテイラー・スイフトの6組。
テイラー・スイフトは “Red [Taylor’s Version] ” が11月19日リリース予定でこのグループに加わることが濃厚。

カニエ・ウエストの “Donda” は先週の初登場1位から2位に後退。
ポイントは54%減の14万1千ユニット。

アイアン・メイデンの “Senjutsu” が3位に初登場。
ポイント6万4千ユニットのうち売上は6万1千枚。
こちらが今週のベストセリングアルバム。
ストリーミングユニットは3千ユニットでこれは357万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
15枚目のトップ40入りで4枚がトップ10入り。
今までの最高は “The Book of Souls” と “The Final Frontier” で記録した4位。
2015年の前作 “The Book of Souls” は7万4千枚で初登場最高4位。

オリヴィア・ロドリゴのデビューアルバム “Sour” は3位から4位に後退。
“Drivers License” と “Good 4 U” 2枚がシングルチャートで初登場ナンバー1。
ポイントは18%減の6万1千ユニット。

ドージャ・キャットの “Planet Her ” は4位から5位に後退。
ポイントは7%減の4万9千ユニット。

モーガン・ウォレンの “Dangerous: The Double Album” は微減の4万ユニットながら6位変わらず。

ビリー・アイリッシュの “Happier Than Ever” も7位変わらず。
彼女にとって5枚目のチャートインアルバムで40位以内に入ったのは3枚目。
前作 “When We All Fall Asleep” は1位、2019年の“Don't Smile at Me” は最高14位を記録。
ポイントは1%減の3万9千ユニット。

ザ・キッド・ラロイの “F**k Love” は5位から8位に後退。
ポイントは10%減の3万9千ユニット。

イマジン・ドラゴンズの “Mercury – Act 1” が9位に初登場。
ポイント3万1千ユニットのうち売上は1万7千。
ストリーミングユニットは1万3千ユニットでこれは1,704万回のオンディマンドストリーミンングに相当する。
彼らにとって5枚目のトップ10入り。
2018年の “Origins” は9万1千ユニット(6万1千枚)で初登場最高2位。
売上もチャートポジションも大幅ダウン。

ロッド・ウェーブの “Soulfly” は8位から10位に後退。
ポイントは21%減の3万ユニット。
19曲収録のオリジナル盤は4月10日付で初登場ナンバー1。

1 - Certified Lover Boy / Drake 613,000 (46,000)
2 1 Donda / Kanye West 141,000
3 - Senjutsu / Iron Maiden 64,000 (61,000)
4 3 Sour / Olivia Rodrigo 61,000
5 4 Planet Her / Doja Cat 49,000
6 6 Dangerous: The Double Album / Morgan Wallen 40,000
7 7 Happier Than Ever / Billie Eilish 39,000
8 5 F**k Love / The Kid LAROI 39,000
9 - Mercury – Act 1 / Imagine Dragons 31,000 (17,000)
10 8 SoulFly / Rod Wave 30,000

【シングル】
今週のシングルチャートはドレイクが席捲。
6位の “Stay” 以外はすべてドレイクのニューアルバム “Certified Lover Boy” からの曲が独占。
トップ5を独占するのは1964年のザ・ビートルズ以来の大記録。
ストリーミング中心で60年近く前の記録と単純に比較はできない。
ザ・ビートルズの時の方が世間での認知度やインパクトは強かっただろうと推察。
日本ではそんなニュースがほとんど聞かれないことにも時代の変化が現れている。
ドレイクのトップ10内にランクインした9曲のストリーミング、エアプレイとセールスのデータは以下の通り。

No. 1, Way 2 Sexy (6730万, 770万, 7千)
No. 2, Girls Want Girls (5740万, 150万, 3千)
No. 3,Fair Trade (5380万, 240万, 5千8百)
No. 4, Champagne Poetry (4830万, 29万7千, 1千9百)
No. 5, Knife Talk (4590万, 14万1千, 3千3百)
No. 7, In the Bible,(4140万, 48万9千, 8百)
No. 8, Papi's Home (3990万, 66万3千, 1千8百)
No. 9, TSU (3980万, 120万, 1千5百)
No. 10, Love All, (3910万, 250万, 3千2百)

ラジオではかからずダウンロードも少なくストリーミングだけ。
それで順位が決まっている。
“Certified Lover Boy” の全21曲はすべてシングルチャートの100位以内にランクイン。
“Way 2 Sexy” はドレイク9枚目のナンバー1を記録。
5枚目の初登場ナンバー1でアリアナ・グランデと並び史上最多タイ記録。

ザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーの “Stay” は2位から6位に後退。
63年のチャート史上1,127曲目のナンバー1。
エアプレイ7%増の 7,630万。
ストリーミング8%減の2,770万。
売上は9%減の1万2千1百。

1 - Way 2 Sexy / Drake feat. Future & Young Thug
2 - Girls Want Girls / Drake feat. Lil Baby
3 - Fair Trade / Drake feat. Travis Scott
4 - Champagne Poetry / Drake
5 - Knife Talk / Drake feat. 21 Savage & Project Pat
6 2 Stay / The Kid LAROI and Justin Bieber
7 - In the Bible / Drake feat. Lil Durk & Giveon
8 - Papi's Home / Drake
9 - TSU / Drake
10 - Love All / Drake feat. JAY-Z

次週≪≫https://77432090.at.webry.info/202109/article_1.html" target="_blank">前週



google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント