町田くんの世界

町田くんの世界@ワーナーブラザース映画試写室
画像

(C) 安藤ゆき/集英社 (C) 2019 映画「町田くんの世界」製作委員会
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2019年6月7日
上映時間:2時間
配給:ワーナー・ブラザース映画

主題歌☆平井堅
監督・脚本☆石井裕也
脚本☆片岡翔

キャスト
町田一☆細田佳央太
猪原奈々☆関水渚
氷室雄☆岩田剛典
高嶋さくら☆高畑充希
栄りら☆前田敦子
西野亮太☆太賀
吉高洋平☆池松壮亮
吉高葵☆戸田恵梨香
日野☆佐藤浩市
町田あゆた☆北村有起哉
町田百香☆松嶋菜々子

【あらすじ】
町田くん(細田佳央太)は運動や勉強が不得意で見た目も目立たないが、困っている人を見過ごすことのできない優しい性格で、接する人たちの世界を変える不思議な力の持ち主だった。ある日、町田くんの世界が一変してしまう出来事が起こる。

【感想】
だいぶ前に観て忘れかけている。
最近不調の石井裕也監督の新作ということで期待半分不安が半分といったところ。
さてどうだったか?
私としては、前作「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」や「バンクーバーの朝日」よりは面白く観られた。
“夜空”は巷での評判は良かったがギンレイホールで観て、なんかすっきりしなかった。
もうすっかり忘れて何も思い出せないのだが(笑)
“バンクーバー”はつまらなかったことだけ覚えている。
毎回期待が高すぎるのかもしれない。

さて、本作「町田君」はどうか?
きっと、良い!と言う人と、うちの娘みたいに何これ?と言う人に二分されそうだ。
映画は、現実的にはまったくいそうにない、町田くんという人物と、これまたちょっとはずれた人物猪原奈々のふたりが中心。
まずは、町田くんというキャラをすんなりと認められるかがひとつめの鍵。
こんな人いるわけないじゃない以上と切り捨てられてもやむをえまい。
たしかにいそうにないのだが、それは映画だから大目にみよう(笑)

ふたりの関係は、よくある平凡な関係である。
人が良く、また究極の鈍感町田くんが自分の感情に気付く成長ストーリー。
これがまた、共感しにくい人もいるだろうなぁ。
そんな二人に攪乱分子高嶋さくらが闖入。
彼女がきっかけ触媒になり、鈍感な町田くんにイノベーションを引き起こす。
それを冷静な目で見守る前田敦子が秀逸だ。

冒頭から、風船、鴨、プールが頻繁に画面上にあらわれる。
そういった伏線があり、最後の大ジャンプにつながるのである。
これがまた、認めがたいという人もいるだろうなぁ。
いいじゃないか。
考えるな!感じろということで。

現実には、町田くんのような善意の塊りみたいな人は残念ながらいない。
一服の清涼剤に終わらせず、現代人に欠けた思いやりの心とかほかにも色々欠けていて町田くんが持っている美点を観た人が心のどこかに気に留めてくれるといいなと思った。
いいたいことは伝わるかな(笑)

"町田くんの世界" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント