Billboard Album200 & HOT100 2020年7月4日付

【アルバム】
My_Turn.pngラッパー、リル・ベイビーの “My Turn” が3%減の7万ユニットながら3週連続通算4週目の1位。
今年3枚目の4週間以上ナンバー1を記録したアルバムとなった。
他の2枚はザ・ウィークエンドの “After Hours”とロディ・リッチ “Please Excuse Me for Being Antisocial”。
7万ユニットのほとんどがストリーミング。

2位に初登場したのは大ベテラン、ボブ・ディランの “Rough and Rowdy Ways”。
5万3千ユニットのほとんどが売上枚数で5万1千枚。
もちろんこちらが今週いちばん売れたアルバムとなる。
ディランが2位以上にランクインするのは2009年5月16日付で12万5千枚売って1位に初登場した “Together Through Life” 以来11年ぶり。
2017年の前作 “Triplicate” は最高37位で2週間しかチャートインしなかった。
これでディランのアルバムは23枚がトップ10入り、トップ40入りは50枚めとなる。
なんと7十年紀にわたるトップ40入りで息の長さには感心。
こちらは初記録のようである。
このニューアルバムからは17分にも及ぶシングル “Murder Most Foul” がカットされ、Rock Digital Song Sales チャートで初登場1位を記録して、彼にとってビルボードの各種シングルチャートで初のナンバー1を記録した。

ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディの “Artist 2.0” が80位から3位に上昇。
デラックス盤のリリースでポイントは292%増の4万3千ユニット。

ダベイビーの “Blame It on Baby” は8%減の3万7千ユニットで3位から4位に後退。

ポスト・マローンの “Hollywood's Bleeding” も4%減の3万6千ユニットで4位から5位に後退。

レディー・ガガの “Chromatica” は25%減の3万3千ユニットで2位から6位に後退。

ドレイクのサプライズリリース “Dark Lane Demo Tapes” も11%減の3万2千ユニットで5位から7位に後退。

テヤナ・テイラーの “The Album” が8位に初登場して彼女にとって初のトップ10入り。
3万2千ユニットのうちストリーミングが2万7千で売上枚数は4千枚。
2018年の “K.T.S.E.” は2万3千ユニット(7千枚)で初登場最高17位。

リル・ウージー・ヴァートの “Eternal Atake” は8%減の3万1千ユニットで8位から9位に後退。

シカゴ出身の若手ラッパー、ポロGの “The Goat” は9位から10位に後退。
ポイントは8%減の3万1千ユニット。

1 1 My Turn / Lil Baby 70,000
2 - Rough and Rowdy Ways / Bob Dylan 53,000 (51,000)
3 80 Artist 2.0 / A Boogie Wit da Hoodie 43,000
4 3 Blame It on Baby / DaBaby 37,000
5 4 Hollywood's Bleeding / Post Malone 36,000
6 2 Chromatica / Lady Gaga 33,000
7 5 Dark Lane Demo Tapes / Drake 32,000
8 - The Album / Teyana Taylor 32,000 (4,000)
9 8 Eternal Atake / Lil Uzi Vert 31,000
10 9 The Goat / Polo G 31,000

【シングル】
Rockstar.pngダベイビー フィーチャリング ロディ・リッチの “Rockstar” が2位から1位に復帰して通算3週目の1位。
ストリーミング5%減の3,790万ながらStreaming Songs 5週連続1位。
ダウンロードも7%減の1万2千ながらDigital Songs 3位から2位に上昇。
エアプレイは27%増の3,970万で今週のエアプレイゲイナーを獲得して Radio Songs 14位から12位に上昇。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songs の両チャートも1位に復帰して通算3週目の1位。
6月26日にリリースされたオフィシャルビデオと28日夜に配信されたBET Awardでのパフォーマンスで売上増が見込まれる。

ミーガン・ジー・スタリオン フィーチャリング ビヨンセの “Savage” は4位から2位に再上昇。

ザ・ウィークエンドの “Blinding Lights” も5位から3位に再上昇。
エアプレイ3%増の7,680万で Radio Songs 12週連続1位。
Hot R&B Songs チャートは5週連続通算15週目の1位。

セイント・ジョンの “Roses” が8位から4位に上昇。
ストリーミング3%減の1,740万ながらStreaming Songs 8位から7位に上昇。
ダウンロードも3%減の9千でDigital Songs8位変わらず。
エアプレイは19%増の4,190万でRadio Songs11位変わらず。

ジャスティン・ビーバー フィーチャリング クワヴォの “Intensions” は7位から5位に逆戻り。

ドージャ・キャット の “Say So” は6位変わらず。

リル・ベイビーの “The Bigger Picture” は先週の初登場3位から7位に後退。
ストリーミングは31%減の2,710万ながら Streaming Songs 2位変わらず。

ジャック・ハーロウの “Whats Poppin” が18位から8位に上昇。
彼にとって初のトップ10ヒットとなった。
ストリーミング21%増の1,980万でStreaming Songs 13位から5位に上昇。
ダウンロードも92%増の5千でDigital Songs23位。
エアプレイも23%増の2,600万でRadio Songs37位から29位に上昇。

リル・モジーの “Blueberry Faygo” も11位から9位に上昇して彼にとって初のトップ10入り。
ストリーミング1%減の1,760万ながらStreaming Songs 12位から11位に上昇。
エアプレイは14%増の3,650万でRadio Songs13位変わらず。
ダウンロードも6%増の3千。

ポスト・マローンの “Circles” が13位から10位に上昇してトップ10復帰。
トップ10滞在週数の最長記録を39週とさらにのばした。

先週1位に初登場したシックナインとニッキー・ミナージュの “Trollz” は34位に転落。
ザ・ウィークエンドの “Heartless” の最多転落ポジション17位を2倍の34に更新。
ダウンロード92%減の9千でDigital Songs1位から7位に後退。
ストリーミングも62%減の1,380万でStreaming Songs3位から18位に後退。
エアプレイのみ97%増の230万。

1 2 Rockstar / DaBaby featuring Roddy Ricch
2 4 Savage / Megan Thee Stallion
3 5 Blinding Lights / The Weeknd
4 8 Roses / SAINt JHN
5 7 Intensions / Justin Bieber featuring Quavo
6 6 Say So / Doja Cat featuring Nicki Minaj
7 3 The Bigger Picture / Lil Baby
8 18 Whats Poppin / Jack Harlow
9 11 Blueberry Faygo / Lil Mosey
10 13 Circles / Post Malone

次週≪≫前週


"Billboard Album200 & HOT100 2020年7月4日付" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント