google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

監督・製作・脚本: ウェイン・クラマー画像
キャスト
マックス☆ハリソン・フォード
コール☆レイ・リオッタ
デニース☆アシュレイ・ジャッド
ギャビン☆ジム・スタージェス
ハミッド☆クリフ・カーティス
タスリマ☆サマー・ビシル
ミレヤ・サンチェス☆アリシー・ブラガ
クレア☆アリス・イヴ
ヤン・キム☆ジャスティン・チョーン

【ストーリー】
多様な人種、さまざまな事情を抱えた移民が集まってくるロサンゼルス。
移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の取り締まりが任務だが、彼らの立場に同情的なため、つい彼らの事情を気遣ってしまう。
そんなある日、同僚の妹が殺され遺品の中から偽造グリーンカードを見つけた彼は、独自の捜査に乗り出す。
【感想】
原題は CROSSING OVER なのに何で「正義のゆくえ」になるのだろう。
別に正義のゆくえなんかを探す映画ではなかったと思う。

どこにもあるはずのない “正義”。
CROSSING OVER する人々が、その事実を浮き彫りにする。

あらためて考えてみても、私は“正義” という言葉は大嫌いだ。
誰かに都合の良い “正義” が存在することはあるだろう。
が、普遍的な “正義” は決して存在しない。
人間が口にする “正義” はミミズの “正義” と同じくらい意味がない。
だいたい、神様ごとに正義があるなんて笑える。
一神教は諸悪の根源のひとつである。

神様なんかいなければ家族が引き裂かれることもなかった。
そのバカさ加減にはハラがたった。
これは映画の中の虚構ではなく現実に起きていると思う。
こんな馬鹿げたことを繰り広げる事が人間という種のDNAを残すのには有効なのだろうか?
もし無量大数(万)が一、神が存在するなら聞いてみたいものだ。(笑)

キャストの中で気に入ったのはアリス・イブ。
キャサリン・ハイグルと違って気前よくってVery Good!。
来年3月全米公開予定の She's Out of My League に出演するのでチェックしよう。

最後にひとこと。
あんな I.C.E.特別捜査官 はいないと思う。
あんな I.C.E.特別捜査官 はいませんが、映画としては アリ です。
彼が、正義の不在を証明してくれます。
都合の悪い映画なので、アメリカでの興行成績悪いようです。(笑)

"正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント