リトル・ランボーズ

10月20日(水)@九段会館。
開映は若干遅い19時。
この30分の時間差は大きい。
一般サラリーマンが18時半の試写会に参加するのは通常の場合厳しい。
最近はわたくしですら、もうちょっと遅くしてくれないかなあと思う。(笑)
最初から、マスである男性サラリーマンは対象から外したイベント設定だ。

大多 亮の言うとおり、テレビドラマならターゲットは女性でいいだろう。
おっさんは仕事犠牲にしてまでドラマなんかみない。
でも、映画は男だって銘柄次第で映画館まで観に行きますよ。
この前のヘブンズストーリーだって一人で観に来ている男が殆どだった。
工夫の無い試写会を十年一日のごとくやってもプロモ効果は限定的だと思うのだ。

マスコミ試写だってたくさんやってるけど似たような記事になるだけ。
ほとんどやるだけムダでしょう。
そんなのやめて全部合理化して、入場料金を安くした方が良いと思う今日この頃。

英題: SON OF RAMBOW
製作年: 2007年
製作国: イギリス/フランス
日本公開: 2010年11月6日
(渋谷シネクイント ほか)
上映時間: 1時間34分
配給: スタイルジャム

興行成績
 アメリカ: $1,785,505 16.4%
+ その他: $9,084,744 83.6%
--------------------------
= 全世界: $10,870,249
いまのところ全世界で8億円くらいの興行収入をあげている本作。
2007年と3年前に製作された映画が日本で観られる幸せを感じた。

監督・脚本: ガース・ジェニングス 画像
キャスト
ウィル☆ビル・ミルナー
カーター☆ウィル・ポールター
メアリー☆ジェシカ・スティーヴンソン
ヨシュア☆ニール・ダッジェオン
ディディエ☆ジュール・シトリュク
ローレンス☆エド・ウェストウィック
ウィルの祖母☆アンナ・ウィング
フランク☆エリック・サイクス


【ストーリー】
1982年イギリス、厳格な家庭に生まれ育った11歳のウィル(ビル・ミルナー)はあらゆる娯楽を禁じられていた。
そんなある日、彼は学校一の問題児カーター(ウィル・ポールター)と出会い、彼の家で生まれて初めて観た映画『ランボー』のとりこに。
「こんな映画を作りたい」という気持ちで結ばれた二人は、見よう見まねで始めた映画作りを通して友情を深めていくが……。

【感想】
前段でも書いたが、こんな、ヒットしそうもないけど良い映画が観られるのは幸せだ。

スタイルジャムさんありがとう!

エンドロールが始まったからといって席をたたずに最後まで落ち着いてみてください。
衝撃の真実が暴露されます。

この日も終映後に一般試写会としては珍しく拍手がありました。
ゴーストに続き二回続けて拍手を聞くのはたぶん初めてです。

"リトル・ランボーズ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント