google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

カウボーイ&エイリアン

カウボーイ&エイリアン@よみうりホール

(C) 2011 PARAMOUT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED画像
英題: COWBOYS & ALIENS
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年10月22日
上映時間: 1時間58分
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン

監督: ジョン・ファヴロー

キャスト
ジェイク・ロネガン☆ダニエル・クレイグ
ウッドロウ・ダラーハイド☆ハリソン・フォード
アリス☆アビゲイル・スペンサー
エラ・スウェンソン☆オリヴィア・ワイルド
ドック☆サム・ロックウェル
パーシー・ダラーハイド☆ポール・ダノ


【ストーリー】
過去の記憶をなくした男(ダニエル・クレイグ)が砂漠の町アブソリューションに迷い込むが、住民たちからは歓迎されなかった。
また、すべては町を牛耳るダラーハイド大佐(ハリソン・フォード)の支配下にあることを知る。
男の記憶の手掛かりは片方の手首にはめられた手かせだけだが、そんな中、町の上空から未曾有の脅威が襲い掛かってきて……。

【感想】
この映画の舞台は1873年のアリゾナ。
エイリアンが地球制服にやってくる場所がアメリカ西部。
カウボーイとインディアンが宇宙人にたちむかう。
なんとも都合のいい設定です。

圧倒的な科学力をほこるエイリアン。
あっという間に人間を滅ぼしてジ・エンド。
本来ならそうなるところ。
それでは映画になりません。
凡ミスを連発して最後はエイリアンの方がやられてしまう。
よく考えてみると(考えなくても)噴飯モノの映画です。(笑)

というわけで、内容についてつべこべ言ってもしかたないのであります。
すこし経っただけでもうかなり忘れかけています。
こういう映画が好きな人限定。
ハリウッド特有の頭からっぽにしてパスタイム。
感動なんか求めちゃダメよ、そういう映画。

とけなしながら、わたしは結構楽しんでみました。
特に後半のエイリアンとの戦闘シーン。
少年が活躍するのですがエイリアンに追い詰められる。
岩山に空いた穴に逃げ込み、入口からエイリアンが襲ってくる。
このシーンはドキドキしました。
というのも、45年前にテレビで似たようなシーンを観た事があり、とっても怖かったから。
洞穴に人間が逃げ込み、入口を恐竜が壊し始める。
そんなシーンが脳裡にやきついているんですね。
映画の題名は不明。
たぶん有名な映画なのではないでしょうか?

それにしても・・・
エイリアンの造形が画一的じゃないですか?
どうしても、過去のエイリアンやプレデターとかぶってしまう。
もうすこし気の利いた姿のエイリアンの登場を期待します。


"カウボーイ&エイリアン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント