マネーボール

「マネーボール」10月11日(火)@よみうりホール。
東京国際映画祭のクロージングで鑑賞予定だった。
それなのに何故か試写状がきてしまった。(笑)

英題: MONEYBALL 画像
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年11月11日
(丸の内ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間13分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督: ベネット・ミラー

キャスト
ビリー・ビーン☆ブラッド・ピット
ピーター・ブランド☆ジョナ・ヒル
アート・ハウ監督☆フィリップ・シーモア・ホフマン
シャロン☆ロビン・ライト
スコッテ・ハッテバーグ☆クリス・ブラット
ケイシー・ビーン☆ケリス・ドーシー


【ストーリー】
元プロ野球選手で短気な性格のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。
チームはワールド・チャンピオンになるには程遠い状態で、優秀な選手は雇えない貧乏球団だった。
あるとき、ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)というデータ分析にたけた人物との出会いをきっかけに、「マネーボール理論」を作り上げる。
しかし、「マネーボール理論」に対し選手や監督からは反発を受けてしまい……。

【感想】
★★★☆ ,★は3.5です。

東京国際映画祭のプレイベント「僕の心の奥の文法」でTIFF事務局の谷田部さんがこの映画を紹介。
貧乏球団が金がないなりにチームを強化していく話、日本だったらカープみたいなチームと説明して会場の笑いをとっていた。

野球は題材になっているだけで、実際に野球をやっているシーンはほとんどありません。
選手をトレードする交渉シーンがあり、意味不明でした。(笑)
もう少し短かくまとめられたのではないでしょうか?
2時間13分はちょっと長過ぎに感じました。

もう一回、東京国際映画祭のクロージング上映で観て来ます。


"マネーボール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント