愛と誠

愛と誠@よみうりホール

(C) 2012『愛と誠』製作委員会画像
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年6月16日
上映時間: 2時間14分
配給: 角川映画 /東映

監督: 三池崇史

キャスト
太賀誠☆妻夫木聡
早乙女愛☆武井咲
岩清水弘☆斎藤工
高原由紀☆大野いと
ガムコ☆安藤サクラ
先生☆前田健
太賀誠☆加藤清史郎
早乙女美也子☆一青窈
太賀トヨ☆余貴美子
座王権太☆伊原剛志
早乙女将吾☆市村正親


【ストーリー】
過去への復讐(ふくしゅう)を誓い、東京へやってきた不良の誠(妻夫木聡)。一方、東京で指折りの名家の一人娘である愛(武井咲)。出会うはずのない、生まれも育ちも違う2人が出会い、運命の恋がスタートする。しかし、彼女に好意を寄せる岩清水(斎藤工)、誠を付け狙う番長やスケバンが、混沌とした状況を作り出し……。

【感想】
最初に、三池監督の次回作は「愛と誠」のリメイクだと聞いたときの感想は “よせばいいのに” “そんなの絶対観たくない”。
ところが、良い評判しか耳に入ってこない。
前言を撤回。
観に行くことにした。
それもかなりの期待をこめて。

その結果は如何?

とても楽しめました!

三池監督の最高傑作ではなかろうか?(笑)

今は亡き早乙女愛さんは同学年だ。
よって、「愛と誠」は同時代に存在していた。

が、わたくしオリジナルの「愛と誠」は全く知りません。
くだらないに決まっている!
ということで完全スルーしております。

知っているのは、グラビアアイドルとしての早乙女愛のみ。

この映画をみて、やっぱり「愛と誠」はくだらん!と思いました。(笑)
オリジナルの「愛と誠」はくだらないので、そんなものリメイクしてもしかたない。

ところが、三池監督はウルトラCを用意してきた。
これは、本邦初の本格的ミュージカル映画と言っていいのでは?
こんな邦画は観たことない。
くだらないストーリーをコミカルに、かつ音楽で脚色してすばらしかった。
昭和の懐かしい歌がはまりまくってました。
こんなうまい料理法があったんですね。
脱帽しました。

突然理由もなく歌いだすミュージカルはダメ!
というタモリみたいな方はやめておいた方が良い作品です。

【つけたし】画像
有名な写真集の画像→

"愛と誠" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント