夢売るふたり

夢売るふたり@よみうりホール

(C) 2012「夢売るふたり」製作委員会画像
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年9月8日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間17分
配給: アスミック・エース

監督: 西川美和

キャスト
里子☆松たか子
貫也☆阿部サダヲ
咲月☆田中麗奈
玲子☆鈴木砂羽
滝子☆木村多江
紀代☆安藤玉恵
ひとみ☆江原由夏
治郎☆伊勢谷友介
明浩☆香川照之
堂島☆笑福亭鶴瓶
やべきょうすけ
大堀こういち
倉科カナ
古舘寛治
小林勝也



【ストーリー】
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、貫也が常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、里子は結婚詐欺で金をだまし取ることを考案する。結婚願望の強いOLなど寂しい女たちの心の隙につけ込んで、店を再開するための資金を稼ぐ二人。しかし、夫婦の関係に影が差し始め……。

【感想】
映画を観終わっての第一感想は

尻が痛い!(笑)

だって上映時間が長いんだもん。
2時間17分は、よみうりホールの座席では厳しい。

それはともかく・・・

一度観ただけで理解するのは難しい映画だった。

映画の冒頭で、いきなりオッパイの登場あり。
このシーンの男はどうやら貫也だったようだ。
が、観た時はわからずに、いつになったらあの男出てくるんだろうと思いながらみた。
最後まで出てこなかったから、貫也だったんだと推定。
要は、貫也はなぜか母性本能くすぐる男なんですね。

ワタシにはわからないけど、まあ、そんな男もいるんですかね、西川監督?

女子からみても、
「あんなにコロコロだまされるわけないじゃない!」
という声はありそうな気がしました。

難しい映画だったので、
もう一回(できればギンレイホールで)観てみたいと思いました。

"夢売るふたり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント