アルゴ

アルゴ@よみうりホール

この映画もいつもより野郎が多い。
エクスペンダブルズ2ほどじゃあないが

(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.画像
英題: ARGO
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
日本公開: 2012年10月26日
上映時間: 2時間0分
配給: ワーナー・ブラザース映画

監督・製作: ベン・アフレック

キャスト
ベン・アフレック
アラン・アーキン
ブライアン・クランストン
ジョン・グッドマン
ケリー・ビシェ
カイル・チャンドラー
ロリー・コクレイン
クリストファー・デナム
テイト・ドノヴァン
クレア・デュヴァル
ヴィクター・ガーバー
ジェリコ・イヴァネク
リチャード・カインド
スクート・マクネイリー
クリス・メッシーナ
マイケル・パークス
テイラー・シーリング


【ストーリー】
1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。

【感想】
ザ・タウンも面白かったがこの映画も楽しめた。

ベン・アフレックはセンスがいい!

実話がベースらしいが、どこまでが true story で、どこがフィクションなんだろう。
少しサスペンスを強調するための脚色はあっても、基本的に実話ベースの話のように感じた。

映画の冒頭はイラストによるイランの歴史の紹介。
パーレビ国王という名を聞いたことはあった。
が、彼の前の支配者や、彼の実態は不知。
イラン国民にとっては大犯罪者である?
パーレビ国王をアメリカが自国の国益のために匿ったことにより
事件の発端となる暴動が始まる。

その後は、CIAエージェントのトニー・メンデスによる
SF映画「アルゴ」撮影大作戦が展開する。

救出はうまくいくことがわかりきってはいるが
脱出間際の何重にもはりめぐらされたチェックをかいくぐるサスペンスはなかなかのものだ。

最後に流れるカーター元大統領の肉声?印象的。
あれがフェイクだったら面白い。
また、キャストは、実際の大使館員6名とそっくり。
エンドロールでわざわざ見せてくれるからわかるんだけど
そんなことにまでこだわった遊び心が楽しい。
最近みた作品の中ではダントツで面白かった。おすすめ。

"アルゴ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント