google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

きっと、うまくいく

きっと、うまくいく@ニッショーホール

L..A.ギャングストーリーを捨ててこちらを選択。
この週にみた4本はいずれも良作だった。

①きっと、うまくいく
くちづけ
ラストスタンド
モンスター

4本の中では、「きっと、うまくいく」が一番気に入った。
というか、今年みた映画の中では、いまのところこれがベスト。
ボリウッド4作はわからないが、本作はおすすめです。

英題:3 IDIOTS画像
製作年:2009年
製作国:インド
日本公開: 2013年5月18日
配給: 日活

監督・脚本: ラジクマール・ヒラニ

キャスト
ランチョー☆アーミル・カーン
ピア☆カリーナー・カプール
ファルファーン☆マドハヴァン
ラ-ジュー☆シャルマン・ジョシ


【ストーリー】
行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。10年前、三人は名門大学の学生だった。真っすぐなランチョーは異議があれば学長にすら物申し、好きなことに打ち込んでいた。しかし、ランチョーと学長の娘・ピア(カリーナー・カプール)が接近したことから、3人は卒業目前で退学を言い渡されてしまう。

【感想】
前段で結論書いちゃったけど

絶対のオススメ作!

なにはともあれ鑑賞推奨。
尺は2時間50分と長いが時間はまったく感じさせません。

映画の冒頭で登場する3 IDIOTS。
IDIOTSとはいっても、名門大学の学生のレベルの中でのはなし。
ファルファーンとラージューは本当にビリの IDIOTS(笑)
ランチョーはGENIOUSです。
登場のシーンからランチョーは一味ちがうことがわかります。

ランチョーと同様にこの映画、今まで観たボリウッド映画とは一味ちがいます。
出てくるのが、ほぼ男ばっかり。
それも、やぼったいのばかり。
そいつらが、風呂場で半裸で歌とダンスをおっぱじめます。
いつものボリウッドなら、綺麗なお姉さんが出てきそうなもの(笑)
やめてくれよ!と思ったけど、これが最後なのでご安心を。

最後まで、ボリウッドの特長、意味不明の歌とダンスはほとんどなし。
ほんとに珍しくストーリーがきちんとある映画でした。

映画は
①3 IDIOTSの学生時代
②ランチョー探し
のふたつのお話が並行して語られていく。

②のストーリーのポイントは謎とその解決。

その謎の中心はランチョー。

大学卒業後行方不明になっているランチョー。
ファルファーンとラージューはランチョー探し。
ネタバレはつまらないので書かないけど
ちょっと泣けて、大笑いできて最後は感動。
なかなか見られない景色も見られてお買い得な一本でした。

終映後、一般試写会では滅多にない拍手があったことも付記しておきます。

"きっと、うまくいく" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント