探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点@有楽町朝日ホール

(C) 2013「探偵はBARにいる2」製作委員会画像
製作年: 2013年
製作国: 日本
日本公開: 2013年5月11日
配給: 東映

監督: 橋本一

キャスト
探偵☆大泉洋
高田☆松田龍平


【ストーリー】
探偵(大泉洋)がよく行くショーパブの従業員で、友達でもあるオカマのマサコちゃんが殺害される。捜査が進まない中、「マサコちゃんは政界の闇に触れて殺された」といううわさを耳にした探偵のもとに、彼を尾行してきた女から事件究明の依頼が舞い込む。友達の死の真相を探るため、探偵と相棒の高田(松田龍平)は、再び札幌ススキノを駆け巡る。

【感想】
つまらなかった・・・
何もかもが中途半端。

①エロス
途中で探偵がリタイア。
とくに脈絡なく、デカパイ女が登場するがそれだけ。
あんなシーンがあると子供は×

②謎解き
マサコちゃん殺害犯の捜査は殆ど行われない。
捜査しないってことは身近に犯人がいるということ。
とってつけたような犯人の判明と決着は興ざめ。

③時事問題
原発が問題になっているからってとりこむのは安易。
もっと深い関連があればいいが、政治家とマサコちゃんが昔つきあっていただけのつながり。
そんなことで殺人が起きるのならそこら中で起きている。(笑)

④旅情
ススキノ交差点とうたうならもっとご当地ムードがあってもよかろう。
撮りかたが悪いのか観客の目が悪いのか、どこにでもある繁華街にしか見えなかった。

「探偵はBARにいる」前作は評判良かったような気がするので楽しみにしていたら、がっかりさせられた。
よほどヒマで他にすることがない人以外にはおすすめできません。



"探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント