google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン@ニッショーホール

空いていて前方は空席がめだつ。
面白い作品だったのにもったいない。

英題: WHITE HOUSE DOWN 画像
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年8月16日
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督: ローランド・エメリッヒ

キャスト
ジョン・ケイル☆チャニング・テイタム
ジェームズ・ソイヤー☆ジェイミー・フォックス
フィナティー☆マギー・ギレンホール
エミリー☆ジョイ・キング
ウォーカー☆ジェイムズ・ウッズ
ステンツ☆ジェイソン・クラーク


【ストーリー】
大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を警護するシークレットサービスを目指すも、不採用となってしまった議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)。不採用だったことで幼い娘を悲しませたくないと、気晴らしも兼ねて彼女を連れてホワイトハウスの見学ツアーに参加する。だが、そこへ謎の武装グループが乗り込み、瞬く間にホワイトハウスを制圧した上に大統領とケイルの娘らを人質にして籠城。未曽有の事態に全世界が混乱する中、ケイルは武装グループに挑む。

【感想】
この前観た “エンド・オブ・ホワイトハウス” とよく似ている。

①ホワイトハウスが目標とされる
②核ミサイル発射のため大統領が狙われる
③こどもが一定の役割をはたす

  ・
  ・ 
  ・
  ・
ネタバレ注意
  ・
  ・
  ・
  ・

④内部に裏切り者がいる

そして両方の作品とも主人公が大活躍する。

ネタは細部までよく似ているが、 “ホワイトハウス・ダウン” のほうが “エンド・オブ・ホワイトハウス” より数段面白かったというのが私の見立てである。

その理由は・・・

ひとつめ
上記③でふれたとおりこどもが重要なのだが、“エンド” では早々と大統領の息子は救出されてしまうのに対し “ダウン” では最後まで活躍。しかもそれがかわいい女子ときている。
エミリーを演じたジョイ・キングは少し前のクロエとエマ・ワトソンを足して2で割った感じ。
今後の彼女の活躍に注目したい。

ふたつめ
大統領が大活躍するところ。しかもテロリストに撃たれてしまうのにはびっくり。
さ~てどうなるのかな?
ジェイミー・フォックスのジェームズ・ソイヤー大統領良し。

そして最後は
言わずもがなのチャニング・テイタム。
彼の魅力が炸裂しています。(笑)
どなたかの記事でみましたが、来日するなら

今でしょ!

今週末公開作では一押し作品と認定しました。


"ホワイトハウス・ダウン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント