42~世界を変えた男~

42~世界を変えた男~@ニッショーホール

珍しいくらいガラガラの試写会だった。
開映時で半分くらいの入り。
同日同時刻に一ツ橋ホールで開催された同試写会もガラガラだった由。

Why?

(C) 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.画像
英題:42
製作年:2013年
製作国:アメリカ
日本公開:2013年11月1日
配給:ワーナー・ブラザース映画

監督・脚本: ブライアン・ヘルゲランド

キャスト
ジャッキー・ロビンソン☆チャドウィック・ボーズマン
ブランチ・リッキー☆ハリソン・フォード
レイチェル・ロビンソン☆ニコール・ベハリー


【ストーリー】
1947年。ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)と契約、彼をメジャーリーグ史上初の黒人メジャーリーガーとして迎える。だが、白人以外には門戸を開かなかったメジャーリーグにとって彼の存在は異端なものでしかなく、チームの選手たちはもちろん、マスコミや民衆からも糾弾される。そんな状況ながらも、背番号42を誇るようにプレーするジャッキーの姿は次第に人々の気持ちを変えていく。

【感想】
巷での評価は高いようだ。

が、私の評価は ○ 普通。
感動作だけど突き抜けたところはなし。

それもそのはず。
実話ベースだもの。

確かに史上初の黒人メジャーリーガーとなるジャッキー・ロビンソンの闘いは胸をうつものがある。

黒人に対する人種差別が色濃く残っていた時代の話。
色々な公共スペースが白人とそれ以外で分かれていた。
そんな馬鹿げたことが、ついこのあいだまで行われていた。
第二次世界大戦後の昭和20年代の話であることにまず驚く。

コロンブスの卵みたいなもんで
非常識なことが当時の常識だった。

で、そんな差別に対し、特殊メイクのハリソン・フォードが風穴を開けていく。

野球のような実力の世界は、いったん穴が開いてしまえばそんな差別は雲散霧消してしまう。
ところが、残念ながら、その他の世界では、いまだに差別意識は残っていると私は考える。

野球は実力の世界だから、馬鹿なこと言ってくる外野はいても
とにかく結果さえ出せばなんとかなるのである。

というわけで、ジャッキー・ロビンソンの闘いにはあまり感動しなかった。

むしろ、そんな闘いをしかけたブランチ・リッキー。
彼がなぜそんな闘いをしかけたのか?
さまざまな妨害にもめげなかった動因は何か?
そちらにもっと的を絞った方が良かったのではないかと思ったのである。

"42~世界を変えた男~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント