google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

フォックスキャッチャー

フォックスキャッチャー@一ツ橋ホール
画像
(C) MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:FOXCATCHER
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開: 2015年2月14日 (新宿ピカデリーほか)
上映時間: 2時間15分
日本語字幕:稲田嵯裕里
提供: KADOKAWA
提供・配給: ロングライド

監督: ベネット・ミラー
キャスト
ジョン・デュポン☆スティーヴ・カレル
マーク・シュルツ☆チャニング・テイタム
デイブ・シュルツ☆マーク・ラファロ
ジーン・デュポン☆ヴァネッサ・レッドグレーヴ
ナンシー・シュルツ☆シエナ・ミラー
ジャック☆アンソニー・マイケル・ホール


【ストーリー】
大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファロ)と共にソウルオリンピックを目指して張り切るが、次第にデュポンの秘めた狂気を目にするようになる。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★★☆ かなり好き

実話の映画化である。
この映画を観る気のある人は
ただちにこのページから去ることをおすすめする。(笑)
チラシ、予告、wiki あらゆる情報をシャットアウトして臨みたい。

なぜなら、この後どうなるんだろう?
と予断のない状態で観た方が絶対楽しめると思うからだ。

めずらしく cinematoday のストーリーもネタバレしていない。

みどころはなんといってもアカデミー主演男優賞にノミネートされたスティーブ・カレルの鬼気迫る演技。
彼のコメディーは大好きでよく観ているが、こんなスティーブ・カレルをみるのは初めてだ。
下馬評では、どうやらオスカー像を手にするのは厳しそう。
が、心情的には彼にオスカー取らせてあげたいところである。
充分受賞に値する演技だったと思う。

チャニング・テイタムとマーク・ラファロのシュルツ兄弟の演技も良い。
特にチャニング・テイタムのレスラーらしい蟹股歩きはかっこいい彼のイメージからはかけはなれていた。

少々尺が長めでわりと静かな映画だが、クライマックスにむかい徐々にテンションが高まっていく。
最後にはじけて終わるのだが、どのようにはじけるのか?
事前情報持たずに観ることにより、その驚きは倍増する。
知っていてみるのと知らずにみるのとでは大違いだと思う。

"フォックスキャッチャー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント