アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/フランシス・ハ

ギンレイホールの2本立て

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~@一ツ橋ホール
画像
半年前に観たけど記事は書かなかった。

(C) Universal Pictures
英題:ABOUT TIME
製作年:2013年
製作国:イギリス
日本公開: 2014年9月27日
上映時間: 2時間4分
日本語字幕:稲田嵯裕里
配給: シンカ / パルコ

監督・脚本: リチャード・カーティス

キャスト
ティム☆ドーナル・グリーソン
メアリー☆レイチェル・マクアダムス
父☆ビル・ナイ
ハリー☆トム・ホランダー
シャーロット☆マーゴット・ロビー
母☆リンゼイ・ダンカン


【ストーリー】
自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★★

タイムトラベルはするけど、当然のこと?ながらまったくSFではない。

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督の作品ということで、主人公ティムとメアリーのラブストーリーかと思った。

そのわりに二人は割とあっさり結ばれ、このあといったいどういう展開になるのだろうと思った。
そうしたら、ラブはラブでも家族の愛。
妹のキットカットと父親との家族愛が物語の中心だった。

自分も親父と二人で過去に遡るとしたらどこに行くだろう?

そんなことを考えた。
心温まる映画で元気がわいてくる作品。

フランシス・ハ @ギンレイホール

観客多し。8割は入っていた。
画像
(C) Pine District, LLC.
英題:FRANCES HA
製作年:2012年
製作国:アメリカ
日本公開:2014年9月13日 (ユーロスペース ほか)
上映時間:1時間26分
提供:新日本映画社
配給:エスパース・サロウ

監督・脚本・製作: ノア・バームバック

キャスト
フランシス☆グレタ・ガーウィグ
ソフィー☆ミッキー・サムナー
レヴィ☆アダム・ドライバー
ベンジー☆マイケル・ゼゲン
コリーン☆シャーロット・ダンボワーズ
パッチ☆パトリック・ヒューシンガー
ダン☆マイケル・エスパー
レイチェル☆グレイス・ガマー
キャロライン☆マヤ・カザン


【ストーリー】
バレエカンパニーの研究生で27歳のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、大学在籍時の親友ソフィー(ミッキー・サムナー)とニューヨークのブルックリンで共同生活をしていた。ある日、彼女は恋人に一緒に暮らそうと誘われるが断り、その後別れることに。ところがソフィーがアパートの契約更新を行わず、引っ越しすると言ったことで……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★ モノクロの意味は?

悪くはない。
途中まで退屈で早く終わらないかなと思ったけど、フランシスの悪戦苦闘を見守る気になった。

がストーリー自体は平凡。
どこにでもいそうな、ありそうな、普通に生きようとしてなかなかうまくいかない一般人の話。

学校出て、会社にはいったりして一所懸命働くけど報われない(笑)
彼女ともうまくいかない、友達ともすれちがい。

みんなそんな調子だけど折り合いつけてなんとか生きている。

フランシスはみんなの生き写しである(ちょっと違うか)

でも、こんなお話なら、普通にカラーで良かったんじゃない?

製作者に聞けば説明はあるのかもしれないけど、よくわからなかった。

結局一番印象に残ったのはホット・チョコレートの “Every 1's a winner” だった。
色々あって大変だけどみんな winner なので、この歌きいて明日もがんばりましょう。



"アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/フランシス・ハ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント