google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

新宿スワン

新宿スワン@よみうりホール
画像
(C) 2015「新宿スワン」製作委員会
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開: 2015年5月30日 (TOHOシネマズ新宿ほか)
上映時間: 2時間19分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督: 園子温
原作: 和久井健

キャスト
白鳥龍彦☆綾野剛
南秀吉☆ 山田孝之
アゲハ☆沢尻エリカ
葉山豊☆金子ノブアキ
関玄介☆深水元基
時政☆村上淳
洋介☆久保田悠来
栄子☆真野恵里菜
梨子☆丸高愛実
社長☆安田顕
涼子☆山田優
山城神☆豊原功補
天野会長☆吉田鋼太郎
真虎☆伊勢谷友介

【ストーリー】
一文なしだが野心だけは人一倍ある白鳥龍彦(綾野剛)は、新宿・歌舞伎町に乗り込んで一旗揚げようと決意する。ひょんなことから彼は、名の知れたスカウトマンとして数々の伝説を持つ真虎(伊勢谷友介)に誘われてスカウト会社バーストの社員に。歌舞伎町をゆく女性たちに声を掛けては、水商売、風俗、AVの仕事をあっせんし、その紹介料をつかんでいく龍彦。さまざまな人物や出来事と対峙(たいじ)しながら、彼はスカウトマンとして、一人の人間として大きく成長していく。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★
園監督らしいどぎつさは影をひそめている。
商業ベース路線を歩んでいくのだろうか?

新宿スワンは講談社のヤングマガジンに連載されていた漫画。
漫画の存在はよく知っていたが、読んだことはなかった。
ヤンマガの試写会応募のアンケートで、アニメ化・映像化して欲しい作品を答える項目があり、読んでもいないのに「新宿スワン」といつも回答していた。
念願かない映画化されたので楽しみにしていた。
映画を観ればどういう話なのかわかるので(笑)
一所懸命はがき書いて応募してなんとかゲットすることができた。

何でそんなことを書いたのかというと、それは、この映画のストーリーも、誰が監督しているのかも全く知らずに観たということを強調したいから。

映画を観終わり、何か食い足りない作品だったなあとぼんやり思った。

するとそこに 監督 園子温 の文字が映し出された。

えーっ!なにそれ!

一気に食い足りなさ度が増した。
が、そのネガティブ効果は評価 ★★★ には反映していない。

園監督作品と知って観ていたら、きっと★★と評価したに違いない(笑)

そういう主観を取り除いてみて、良い点、悪い点さっぴいてやはり★★★くらいが妥当。

良いところ。

白鳥龍彦☆綾野剛
南秀吉☆ 山田孝之
真虎☆伊勢谷友介
主演の三人のキャラが立っていた。

話自体は単純だ。
① 龍彦が歌舞伎町で真虎に拾われる
② 真虎のもとスカウトとしての修業をつむ
③ バーストとハーレムの抗争勃発
④ 龍彦と秀吉の対決

たいしたことない(笑)
主演俳優たちがよほどとがった演技を魅せないとへたってしまう。
がんばっていたとおもう。

悪いところ。

「女をアゲて、男を上げろ」

というコピーのわりに女をアゲてない。

かみくだいて言うと、龍彦たちは女をHな世界に送り込んでるはず。
それなのに沢尻エリカの尻しか観られない。
非常に不満だと言うことである。(笑)

園監督らしくない!

この配役では奥さん出すのはムリ。
出すもの出せるキャストでいかないとダメ。
フラストレーションがたまる。

結局不満はそれだけか(笑)

新宿スワンの原作漫画は長大だ。
よっていくらでも続編は作れる。
この映画がヒットすればそんな話も出てくるかも。
でも、園監督は続編の監督なんかやらないでしょ?
なんで、こんな企画の監督ひきうけたのだろう?と思いました。





新宿スワン INSPIRED TRACKS -Selected by 白鳥龍彦-
SMR
ヴァリアス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新宿スワン INSPIRED TRACKS -Selected by 白鳥龍彦- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"新宿スワン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント