google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

先生と迷い猫

先生と迷い猫@イイノホール画像

(C) 2015「先生と迷い猫」製作委員会
製作年:2015年 製作国:日本
日本公開: 2015年10月10日
上映時間: 1時間47分
製作: 「先生と迷い猫」製作委員会
配給: クロックワークス

監督: 深川栄洋

キャスト
森衣恭一☆イッセー尾形
小鹿祥吾☆染谷将太
松川真由美☆北乃きい
広川☆ピエール瀧
森衣弥生☆もたいまさこ
井上容子☆岸本加世子
嶋田久作
佐々木すみ江
カンニング竹山
久保田紗友
ドロップ(三毛猫)


【ストーリー】
近所でも偏屈者として評判の、定年退職した元校長の森衣恭一(イッセー尾形)は妻がこの世を去って以来、淡々とした毎日を送っていた。彼の家を訪ねて来るのは、森衣が長年撮りためてきた写真を資料として残したいという市役所職員(染谷将太)と野良猫のミイぐらいだった。亡くなった妻はミイをかわいがっていたが、森衣は猫が苦手で追い払おうとする。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★

しみじみとした良い映画なんだけどこれでは銭はとれない。

この映画の対象はたぶん年配者であろう。
年配者が、こんなじじいの映画を観に行くのだろうか?
特に事件が起きるわけでもない。
どこでも似たような話が本当にありそう。
したがって、つまらないのである(笑)

じじいが主人公の映画はつまらない!

入場料が同じなら
100億円以上かけて制作されたハリウッド大作に行くでしょ(笑)

良い映画なんだけど適正料金は半額の900円と評価。
900円で魅せられるビジネスモデルを考えるべき。
(本当はワンコイン500円と言いたいところ)

だいたい、キャパ500人の会場に集まった観客は半分以下。
終映後に1時間のイベントが予定されていた。
ほとんどの観客は終映と同時に席を立ち去っていった。
こんな工夫のない非効率的なプロモやるようでは失敗が目に見えている。

映画自体は悪くないのに他の無策がとても気になる映画だった。



"先生と迷い猫" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント