google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー@一ツ橋ホール

公開日前日の試写会に意味はあるのか?(笑)

会場に集まった人々が只で観ただけでなんの宣伝効果もない。
会場費他の経費が持ち出しになるだけじゃないのか?
いったい何がしたいんだか、やってることがよくわからない映画業界。
と只で観ておいて悪口雑言(笑)
画像
(C) 2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C) 2009 花沢健吾/小学館
製作年:2015年 製作国:日本
日本公開: 2016年4月23日
上映時間: 2時間6分 製作・配給: 東宝

原作: 花沢健吾
監督: 佐藤信介

キャスト
鈴木英雄☆大泉洋
比呂美☆有村架純
伊浦☆吉沢悠
サンゴ☆岡田義徳
てっこ☆片瀬那奈
中田コロリ☆片桐仁
松尾☆マキタスポーツ
三谷☆塚地武雅
アベサン☆徳井優
藪☆長澤まさみ


【ストーリー】
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

【感想】
これは評価が難しい

大泉洋が出演していることからわかるようにコメディー要素もある。
随所にずっこけネタが仕込まれる一方ハードなアクションとまだら模様。

ZQNが出てくるハリウッド映画、たとえばワールド・ウォーZとは一線を画す。
だからといって成功しているとは言い難い(笑)

こういう分野は、邦画がもっとも不得意とするところ。
気合いの入ったハリウッド映画とまともに張り合っても勝てるわけがない。

やはり、冒頭の市街地でのパニックシーンや、メインとなる富士山ロケーションへの逃避行のアクションは物足りない。
10倍金をかけてもっと気合いを入れて作って欲しいものだ。
邦画としてはがんばった方だけどやっぱりチープ感は否めない。

富士山のショッピングモールでのラストへのたたみかけは気持ち悪くなった(ウソ)
よくR15に収まった。
ここまでの残虐シーンは珍しいと思う。
そしてたいしたオチもなく終わる。

東宝にしてはよくがんばった。
私はそのがんばりを高く評価したい。
が、好き嫌いはわかれそうである。





"アイアムアヒーロー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント