ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド@よみうりホール
画像
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
英題:LA LA LAND
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年2月24日 (TOHOシネマズ みゆき座ほか)
上映時間:2時間8分
配給・提供:ギャガ / ポニーキャニオン

監督・脚本: デイミアン・チャゼル

キャスト
セバスチャン☆ライアン・ゴズリング
ミア☆エマ・ストーン
トレイシー☆キャリー・ヘルナンデス
アレクシス☆ジェシカ・ローゼンバーグ
ケイトリン☆ソノヤ・ミズノ
ローラ☆ローズマリー・デウィット
ビル☆J・K・シモンズ
グレッグ☆フィン・ウィットロック
キース☆ジョン・レジェンド


【ストーリー】
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。

【感想】
久々の★★★★★!
アカデミー賞有力を宣伝文句に使う映画はいっぱいあるが「大本命」の看板に偽りなし。
俺の好みともどんぴしゃ一致で正月で早くも今年のベスト1が決まった感じ。

映画は冒頭から非常に楽しい。
LAの高速道路で撮った5分以上にわたるワンシーン・ワンカットのミュージカルシーンがすごい。
いったいどうやって撮ったのだろう?
DVD発売の際にはメイキングをおまけにつけて欲しいもの。
何の脈絡もなく歌い出して踊るので、タモリみたいに受け付けないって人もいるだろう。
そういう人は観に行かなくていいのである(笑)

できれば本当はこういう映画はなんとかホールではなく音響の良い会場で観たい。
どっちにしても映画館でまた観ることになるので今回は早く観たいという欲求が満たされただけ。
もっと音響の良い環境でみたら評価はさらにアップすることだったろう。

冒頭からぐいぐい惹きつけられ、ミアとセバスチャンの切ない恋物語が
シーズン “冬”から始まる。
“冬”に出会い、一回りした“冬”でいったいどういう結末になるのか?
それは観て確かめて☆いわけ。
色々なシーンで☆や薄明るいロマンチックな夜景シーンが楽しめる。

俺はLAに行ったことがないのでよくわからないが、行ったことがある人はさらに楽しめるのはうけあい。
これが楽しめない人はかわいそうだとまで言いたい。

余韻にひたっていると、例によってどかどかエンドロールで帰って行く人多数。
だからタモラーは来なくていいんだって!
そんな人もたくさんいたけど、終映後には一般試写では滅多にない拍手が盛大に起こった。

ライアンが吹き替えなしでこなしたジャズ・ピアノの演奏すごい。
また、ジョン・レジェンドの歌も聞かれる。
主題歌も最高に良くて俺にとっては良いことづくめの作品だった。
オスカーは全部「ラ・ラ・ランド」で良いと思います。

"ラ・ラ・ランド" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント