google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

関ヶ原

関ヶ原@イイノホール
画像
(C) 2017「関ヶ原」製作委員会
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年8月26日
上映時間:2時間29分
製作:「関ヶ原」製作委員会
配給:東宝 / アスミック・エース

原作: 司馬遼太郎
監督・脚本: 原田眞人

キャスト
石田三成☆岡田准一
初芽☆有村架純
徳川家康☆役所広司
島左近☆平岳大
小早川秀秋☆東出昌大
花野☆中越典子
井伊直政☆北村有起哉
蛇白☆伊藤歩
福島正則☆音尾琢真
豊臣秀吉☆滝藤賢一
北政所☆キムラ緑子
前田利家☆西岡徳馬
大谷刑部☆大場泰正
八十島助左衛門☆堀部圭亮
安国寺恵瓊☆春海四方
島津維新入道☆麿赤児
赤耳☆中嶋しゅう
本多正信☆久保酎吉
松平忠吉☆吉村界人
加藤清正☆松角洋平
直江兼続☆松山ケンイチ
尼僧妙善☆壇蜜


【あらすじ】
豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所広司)と対立を深めていく。そして1600年10月21日、長きにわたった戦国時代に終止符を打った歴史的合戦「関ヶ原の戦い」は、早々に決着がついた。有利と思われた三成率いる西軍は、なぜ家康率いる東軍に敗れたのか……?

【感想】
チラシの惹句は“誰もが知る「関ヶ原」の誰も知らない真実”。
私の感想は、特に知らなかった真実(事実)はなかったけど?(^^)/
色々な小説や映像作品で何度も語られてきた「関ヶ原」。
武将たちのふるまいは史実の通り。(当たり前か)
現代風にデフォルメされた秀吉や家康、福島正則や加藤清正が闊歩する。

たった400年前の出来事なのに肝心なところはわからない。
それは、勝者により記録が都合よくねじまげられているから?

明智光秀が何で本能寺の変を起こしたのか?
諸説あるけど決定的な証拠は残っていない。

日本の未来を決したわずか6時間の戦いという「関ヶ原」も同様だ。
最大の謎は、なぜ毛利輝元が傍観してしまったのか。
西軍の大将として、毛利勢がきちんと参戦していたら間違いなく西軍の勝利だったに違いない。
今回の「関ヶ原」でも、小早川秀秋寝返りや島津の不参戦は描かれていたが毛利の登場なし。
なんらかの諜絡があったはずだけど詳細不明。
結局家康の方が上手だったと結論付けるしかない。

武将たちの史実は捻じ曲げるわけにはいかないので後世に伝わるとおり。
歴史には刻まれていない女性軍の活躍がこの映画のみどころのひとつ。
最初に登場するのは檀蜜だ。
三成が島左近を訪ねていくとそこにいるのが尼僧妙善。
冒頭に出るだけでその後の登場もなく残念。
もっと活躍させて入浴シーンとかサービスで入れて欲しかった(^^)/

有村架純と伊藤歩のふたりは活躍していた。
それでも史実の制約は大きくて活躍は限定的で中途半端。

尺は長いけど退屈はしない。
安定感のある原作を豪華キャストで描いた堅実な作品だが、歴史のおさらい以上の意味は見いだせずに終わった。
もちろん冒頭に書いたとおり“誰も知らない真実”を探してはいけない。


"関ヶ原" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント