google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ダンケルク

ダンケルク@ワーナーブラザース映画神谷町試写室
画像
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:DUNKIRK
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年9月9日
上映時間:1時間46分
配給:ワーナー・ブラザース映画

監督・脚本・制作: クリストファー・ノーラン

キャスト
トミー☆フィオン・ホワイトヘッド
ピーター☆トム・グリン=カーニー
コリンズ☆ジャック・ロウデン
アレックス☆ハリー・スタイルズ
ギブソン☆アナイリン・バーナード
ウィナント大佐☆ジェームズ・ダーシー
ジョージ☆バリー・コーガン
ボルトン中佐☆ケネス・ブラナー
謎の英国兵☆キリアン・マーフィ
ミスター・ドーソン☆マーク・ライランス
ファリア☆トム・ハーディ


【あらすじ】1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

【感想】
先週水曜日(23日)のクリストファー・ノーラン監督登壇のジャパン・プレミアはパス。
5日遅れで話題作を観劇した。
Fan’s Voiceさんによる配給会社(ワーナーブラザース映画)試写室でのイベントに参加。
入場時に免許証を見せて本人確認を行いプレスをもらって入場した。
ワーナーブラザース映画神谷町試写室は元のパラマウントジャパンの時のまま。
縦長傾斜不足で位置取りが難しい試写室。

映画の題材は1940年のダンケルクの撤退。
クリストファー・ノーラン監督初の実話である。

ストーリーは3本立て。
ダンケルクの撤退を陸・海・空の3次元中継。
第一は海岸に追い詰められ救助の船に乗り込もうとする兵士たちの陸上。
第二はドーバー海峡を渡って兵士の救出に向かう民間船の海上。
第三は劣勢ながら撤退を空戦でサポートする空でのたたかい。
それぞれがCGでない迫力の映像で描かれる。

ドイツ軍の姿は爆撃機や戦闘機だけで兵士は一兵も出て来ない。
それでいて、陸を逃げ惑う兵士に銃弾が雨あられと降り注ぐ。
敵の姿が見えない分恐怖が増す。
船倉で待機していると銃弾が撃ち込まれコンコンとかわいた音がして壁に穴が開く。
いちばん不気味で怖いシーンがそれだった。

町山智浩のコピーのとおり『ダンケルクを観るな!体験せよ!』
そのとおりの映画だった。
戦争映画であることは間違いなく、体験したくない!という人も多いだろう。
霊も悪魔も登場しないけどやっぱり人間のやることの方が怖い。
ぜひ体験したい!という向きは絶対逃すべきでない映画である。

「ハイドリヒを撃て!」で大活躍のキリアン・マーフィーは謎の兵士役。
松崎氏のいうとおり、この映画ではあまり活躍していなかった。
トム・ハーディーは戦闘機乗りを好演。
最後にマスクを取って、あっトム・ハーディーだったんだと気付く(^^)/
大活躍の最中は顔が隠れていてよく見えないのが難点。
マーク・ライアンスはオスカー受賞作の時より活躍してました。
その他は若手俳優を起用したそうでなかなか良かったと思います。

"ダンケルク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント