BIUTIFUL ビューティフル/あぜ道のダンディ

おやじが主人公の映画2本まとめて。
まず、結論から

現代おやじ映画作るのは難易度高い!

まずは海外おやじの映画。
ハビエル・バルデムのビューティフル

(C) Menageatroz S. de R.L. de C.V., Mod Producciones S.L., Ikiru Films S.L.画像
英題: BIUTIFUL
製作年: 2011年
製作国: スペイン/メキシコ
日本公開: 2011年6月25日
上映時間: 2時間28分
配給: ファントム・フィルム

監督・脚本・プロデューサー: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

キャスト
ウスバル☆ハビエル・バルデム
マランブラ☆マリシェル・アルバレス
ティト☆エドゥアルド・フェルナンデス
イヘ☆ディアリァトゥ・ダフ
エクウェメ☆チェイク・ナディアイエ
ハイ☆チェン・ツァイシェン
リウェイ☆ルオ・チン
アナ☆ハナ・ボウチャイブ
マテオ☆ギレルモ・エストレラ


【ストーリー】
スペインの裏社会で生計を立てるウスバル(ハビエル・バルデム)は、あらゆる闇取引に手を染めながらも、愛する2人の子どもと情緒不安定の妻を支えて暮らしていた。
ある日、自分が末期がんであることを知ったウスバルは、やがて訪れる死の恐怖と闘いながらも、家族との愛を取り戻すために新たな決断を下すのだが……。

【感想】
興行収入はこんな感じ
 アメリカ: $5,101,237 20.9%
+ その他: $19,300,072 79.1%
------------------------------------
= 全世界: $24,401,309

ハビエル・バルデムが主演男優賞にノミネートされた作品。
ほぼ全編出ずっぱりで彼が活躍する。
「ノーカントリー」とも「それでも恋するバルセロナ」とも全く異なるキャラクターを熱演。
演技(だけ)ならコリン・ファースよりこちらが上だったのでは?
すべてスペイン語なのは審査員にとってマイナス評価なのか。
なにしろハビエル・バルデムはスペイン人では初のアカデミー俳優賞受賞者。
アカデミー賞の選考がアングロサクソン優先なのは否めないだろう。

マランブラ役のマリシェル・アルバレスはアルゼンチンの舞台女優。
難しい役なので最後までキャスティングが決まらなかったとのこと。
おっぱい丸出しに留まらない演技はさすが。
出しただけで体当たり演技なんて言われる国とはひと味もふた味も違う。

物語は、重々しく暗い。
落ちてるときに観たらさらに落ち込みそうだ。
救いはまったくありません。(笑)
エネルギー蓄えて、それなりの覚悟を決めて観に行きたい映画。

2本目は日本の冴えないおやじの映画。
「皮の底からこんにちは」で何かの賞を史上最年少で受賞した石井監督の「あぜ道」
そういえばついでに彼はもうひとつの花も獲得したような気がする・・・許せん(笑)

(C) 2011『あぜ道のダンディ』製作委員会画像
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年6月18日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間: 1時間50分
配給: ビターズ・エンド

監督・脚本: 石井裕也

キャスト
宮田淳一☆光石研
真田☆田口トモロヲ
宮田俊也☆森岡龍
宮田桃子☆吉永淳
優子☆山本ひかる
耕太☆染谷将太
写真屋の店員☆綾野剛
サラリーマン☆蛍雪次朗
宮田の同僚☆藤原竜也
医師☆岩松了
宮田の妻☆西田尚美


【ストーリー】
北関東に住む宮田(光石研)は浪人中の息子・俊也(森岡龍)と高校3年の娘・桃子(吉永淳)と会話がかみ合わず、最近では体調も優れない。
胃がんだった亡き妻と同じ症状に悩み、友人の真田(田口トモロヲ)だけには悩みを打ち明けていた。
そんなある日、俊也と桃子が東京の私立大学に合格。子どもたちとの思い出を作りたい宮田だが、なかなかうまくいかず……。

【感想】
ガン宣告は結構身近だ。
1本目のビューティフルでは、いきなり余命2ヶ月と宣告されてしまう。
この作品では、“思い過ごしもガンのうち” で笑話だけど実は切実な問題。
わたしくらいの年になるといつ宣告が下ってもおかしくない。
若いうちにかかるガンは進行がはやいものが多く、膵臓ガンなら3ヶ月くらいで逝ってしまう。
このブログも更新ストップしたら、一巻の終わりだった(笑)
なんてことが日常茶飯事的に起こりえる。

うちにも宮田のところと同様に大学生くらいの子供もいる。
邦画としては珍しいくらい、どこにでもいる冴えないおやじの映画である。
だから、当然感情移入して観られるし、随所で笑わせてもらった。
しかしながら、もう一本突き抜けたところがない。
いっしょに観た友人の評価は
「川の底からこんにちは は掛け値なしに傑作だったが、この作品は落ちる。」
そこで、わたしが思ったのは

おやじの映画だからしかたない!

映画にしても面白くない、さえない日本のおやじ。
監督が舞台挨拶で言っていた。
「オトコはしょうもない。オンナに負け、仕事に負け・・・」
その通り!
そんなしょうもないおやじを主人公にして、オリジナルストーリーで勝負した監督の意気を買おう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

SUZU
2011年06月19日 16:54
「BIUTIFUL」のハビエルの演技は凄かったですね。他の作品と比べても全く違うキャラクターだったので、強烈でした。
まっつぁんこ
2011年06月23日 22:05
SUZUさん こんばんは!
彼はいつも強烈です。
コリン・ファースは僥倖の受賞ですな(笑)

この記事へのトラックバック

  • BIUTIFUL ビューティフル / Beautiful

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click チラシのバビ様の顔アップ、目だけでも十分訴えられる説得力とその凄い存在感 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-06-12 10:28
  • BIUTIFUL ビューティフル

    Excerpt: 『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-06-18 02:42
  • 【映画】BIUTIFUL/ビューティフル

    Excerpt: <BIUTIFUL/ビューティフル を観て来ました> 原題:Biutiful 製作:2010年スペイン・メキシコ合作 cinema.cafeさんのご招待で観て来ました。 主演のハビエル・バル.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-06-19 16:17
  • あぜ道のダンディ

    Excerpt: 商業映画デビュー作『川の底からこんにちは』がヒットし、先頃女優の満島ひかりと結婚した石井裕也監督の最新作。決してカッコよくはないけれど、自らの考えるダンディズムを貫く父親が、高校を卒業し東京の大学へと.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-06-22 01:17
  • 『BIUTIFUL ビューティフル』 (2010) / スペイン・メキシコ

    Excerpt: 原題: BIUTIFUL 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス 、ディアリァトゥ・ダフ 、チェン・.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2011-07-03 08:59
  • 映画レビュー 「BIUTIFUL ビューティフル」

    Excerpt: BIUTIFUL ビューティフル  原題:Biutiful 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 実際に高い失業率や移民が社会問題となっているバルセロナの裏社会.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-07-04 00:45
  • ビューティフル BIUTIFUL

    Excerpt: 第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネートの、 2010年メキシコ映画です。 日経夕刊「シネマ万華鏡」で黒澤明の「生きる」へのオマージュと紹介されていたの.. Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク racked: 2011-07-04 21:16
  • 映画「BIUTIFUL ビューティフル」、死にゆく男のあがき、それは生への憧れか?

    Excerpt: 題名のBIUTIFULはスペル間違いではない。主人公が子供にスペルを教えたその言葉だ。 あの「ノーカントリー」のハミエル・バルデムが主人公を演じるスペイン映画。 あの大聖堂がバックに映し出される、.. Weblog: ひろの映画日誌 racked: 2011-07-07 19:36
  • あぜ道のダンディ

    Excerpt: 月1回催される、脚本ゼミの映画を観る会、 メンバーのクールビューティが選んだ作品です。 この月はいろいろ面白そうな作品があったのに 彼女が光石研さんが好きなのでこの作品に。 光石さんは、彼女の.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-07-08 14:35
  • BIUTIFUL ビューティフル

    Excerpt: 『BIUTIFUL ビューティフル』---BIUTIFUL---2010年(スペイン/メキシコ)監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ハビエル・バルデム 、マリセル.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2011-07-08 16:00
  • 生きる男

    Excerpt: 1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-07-11 23:30
  • BIUTIFUL ビューティフル 生きるってことは辛いのだけど、しかししっかりと意味があることなのだ。

    Excerpt:  我が家は淀川のスーパー堤防の上に建っているマンションの川側の8階。 そういえばこの夏、夕食にお鍋をやった日以外にクーラーは一度も使っていない、寝室もだ。 扇風機だけで平気、昼間だと俺ならさすがに我慢.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-07-12 10:46
  • 死にゆく者への祈り~『BIUTIFUL/ビューティフル』

    Excerpt:  BIUTIFUL  サグラダ・ファミリアを遥かに望む、スペイン・バルセロナの貧民街。幼い二人 の子どもを抱え、裏社会に生きる男ウスバル(ハビエル・バルデム)。彼は末期 癌に.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-07-15 21:46
  • 映画「BIUTIFUL ビューティフル」砂上の楼閣を守り続けるということ

    Excerpt: 「BIUTIFUL ビューティフル」★★★★ ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、 ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン 出演 アレハンドロ・ゴンサレス・.. Weblog: soramove racked: 2011-07-16 10:54
  • 『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  「成仏」とは仏教用語である。  カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-07-17 07:11
  • あぜ道のダンディ

    Excerpt:  『あぜ道のダンディ』をテアトル新宿で見てきました。 (1)石井裕也監督の作品は、DVDを含めこれまでずいぶん見てきましたので(DVDで見たものについては、石井裕也監督作品「上」「下」をご覧下さい).. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-07-23 06:36
  • BIUTIFUL ビューティフル

    Excerpt: バルセロナの片隅。男手ひとつで2人の子供を懸命に育てているウスバル。だがある日、自分が末期ガンである事を知らされる。 Weblog: rambling rose racked: 2011-07-28 08:33
  • ビューティフル

    Excerpt:  『BIUTIFUL ビューティフル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)映画の主人公ウスバル(ハビエル・バルデム)は、よくもまあこれだけあるものだと見ている方が感心してしまうくら.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-07-31 07:38
  • 大鹿村騒動記

    Excerpt: 大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) 忘れられないけど 思い出したくもない女が帰ってきた。 長野県の大鹿村で、300年の歴史がある「大鹿歌舞伎」の上映を数日後に控えたある日、18年前に親友と駆け.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-07-31 08:46
  • ■映画『BIUTIFUL ビューティフル』

    Excerpt: かねてより交際のあったスペインの名花ペネロペ・クルスととうとう結婚し、私生活でもノリにノッているハビエル・バルデム。 この映画『BIUTIFUL ビューティフル』は、そんな彼にカンヌ国際映画祭主.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-08-12 23:55
  • 映画『BIUTIFUL ビューティフル』を観て

    Excerpt: 11-43.BIUTIFUL ビューティフル■原題:Biutiful■製作年・国:2010年、スペイン・メキシコ■上映時間:148分■鑑賞日:7月10日、TOHOシネマズ・シャンテ■料金:1,600円.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-09-11 16:53
  • あぜ道のダンディ(2012-001)

    Excerpt: あぜ道のダンディ キネカ大森 主人公、親父・宮田淳一を演じるのが光石研 その親友真田を演じるのが田口トモロヲ。 二人は学生以来の付き合い。 親父がすごい。 すぐにかっとして怒り怒鳴る.. Weblog: 単館系 racked: 2012-01-01 22:22
  • BIUTIFUL ビューティフル

    Excerpt: BIUTIFUL ビューティフル'10:メキシコ・スペイン◆原題:BIUTIFUL◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」◆出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥア .. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2012-01-13 13:54
  • BIUTIFUL ビューティフル

    Excerpt: DVDにて早くもリリース、早速レンタル観賞 解説 バルセロナを舞台に、闇社会に生きる男が末期がんで余命 いくばくもないことを知り、愛する子どもたちのために精 いっぱい尽くそうと奮起.. Weblog: A Day In The Life racked: 2012-02-01 23:04
  • 映画:あぜ道のダンディ

    Excerpt:  どんな映画か全く知らなかったのですが、うさぎドロップと2本立てだったので一緒に見えることにした映画あぜ道のダンディのレビュー記事です。 Weblog: よしなしごと racked: 2012-02-21 02:52
  • 「BIUTIFUL ビューティフル」

    Excerpt: いいんだろうけどなあ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-09-11 00:01