カルロス

カルロス@シアターイメージフォーラム

9月1日(土)映画の日に鑑賞。
観客の入りは半分程度。
もったいない。

(C) CAROLE BETHUEL / JEAN CLAUDE MOIREAU / PATRICK SWIRC / FILM EN STOCK / CANAL+画像
英題: CARLOS
製作年: 2010年
製作国: フランス/ドイツ
日本公開: 2012年9月1日
上映時間: 5時間26分
配給: マーメイドフィルム

監督・脚本: オリヴィエ・アサイヤス

キャスト
カルロス☆エドガー・ラミレス

【パレスチナ解放人民戦線(PFLP)】
ワディ・ハダド☆アーマッド・カーブル
アンドレ☆ファディー・アビー・サムラ
ハリド☆ロドニー・エル・ハッダード
アリ☆タラル・エル=ジョルディ
ブリュノ・ブレゲ☆ギョーム・ソレル

【ドイツ革命細胞(RZ)】
ボニ☆アリョーシャ・シュターデルマン
アンジー☆クリストフ・バック
スティーブ/ヨハネス・ヴァインリヒ☆アレクサンダー・シェアー
マグダレーナ・コップ☆ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン
ナーダ☆ジュリア・フンマー
ブリギッテ☆カタリーナ・シュトラー
クリスタ=マルゴ・フレーリッヒ☆ユーレ・ベーヴェ

【バスク祖国と自由(ETA)】
エリック☆ジャン=バティスト・モンタギュ

【女たち】
ニディア☆フアナ・アコスタ
アンセルマ・ロペス☆ヤニリス・ペレス
ラナ・ジャッラール☆ラザン・ジャマル
アンパロ☆マルタ・イガレータ

【民族イスラーム戦線(ICF)】
ハッサン・アル=トゥラビ☆エリック・エブアニー

【フランス国土監視局(DST)】
ジャン・エランツ警視☆オリヴィエ・クリュヴェイエ
フィリップ・ロンド将軍☆アンドレ・マルコン

【東ドイツ国家保安省】
ハリー・ダール大佐☆カール・フィッシャー
ヘルムート・フォイクト少佐☆ロベルト・ガリノフスキー

【シリア・アラブ共和国】
アル・フーリー将軍☆アントワーヌ・バラバン
ハイサム・サイード大佐☆ファディ・ヤニ・テュルク

【リビア】
アブドゥラ・ゼクリ将軍☆イッサム・ブ・カレド

【その他】
シェイク・アハマド・ザキ・ヤマニ☆バディー・アブ・シャクラ
ジャック・ヴェルジェス弁護士☆ニコラ・ブリアンソン

ジョセフ☆ラミ・ファラー
エルバ・ローサ☆ルルワ・マード
リヤド・アルアザウィ☆バシム・カハル
アセム・アル=ジュンディ☆カルロス・シャヒーン



【ストーリー】
ベネズエラ出身の過激派イリッチ・ラミレス・サンチェス(エドガー・ラミレス)は、1970年にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)に合流し、資本主義国を標的にした数々のテロに加担する。やがてカルロスというコードネームで呼ばれるようになった彼は、ハーグ事件、OPEC本部襲撃事件、フランスのTGVでのテロなどの悪名高いテロ活動に関わり、世界を恐怖に陥れていくが……。

【感想】・・・簡易版
12時半に第一部が始まり、第三部が終わったら19時近かった。
半日映画館に籠るに足る力作!

ただし、上記キャストを見ればわかる通り登場人物も多く予備知識なしに観るのは不可。

できれば事前にパンフレット800円也を購入し、内容を頭に入れてから観たい。
余計なシーンは一切なく、次から次へと物語はすすむ。

第一部と第二部はそれぞれ見所が設定されている。
第三部は方向性を見失った革命家?の末路が描かれる。
短縮版ではなく、5時間半の完全版で上映されたのは良かったと思う。
それなのに、土曜日の映画の日で半分程度の入りとはさびしい。
このままでは5週間もたずに終わってしまいそうなので、ぜひ映画館に足を運んでもらいたいものだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rose_chocolat
2012年09月03日 14:53
これ観たの? 超意外。
割と良さそうですね。
私は社会派映画とか歴史物は好きなのでこれは行く予定ですが、あまり革命史に詳しくない人は止めておいた方が無難でしょうね。
アサイヤスというだけで行ってしまって「つまんない」と言われても困りますし。
まっつぁんこ
2012年09月03日 15:05
rose_chocolatさん
“クリーン”も“夏時間の庭”もあまり面白くなかった(笑)ので、アサイヤスだから観に行ったわけではありません。
エンタテインメント性は高くありませんが、革命家?の実態にせまることで人間の本質を抉り出すことに成功した秀作だと思います。
yutarou
2012年09月23日 08:51
半分くらいの客入りで、やっぱり一気観が多いですね。
座席は1回目に座ったところが何故か空いている(笑)

どうやって移動したかも分からずですが、
さすがに行動範囲広いですな。
あんなに国の連中が絡んでいるとは、、、
末恐ろしい世の中ということが、よくわかりました!
まっつぁんこ
2012年09月23日 09:55
yutarouさん
やはり半分ですか。地下一階の大きなスクリーンの方ですよね?私は座席は移動しました。よせばいいのに人の席に座る人がいて(笑)

正義の名の下に国が組織的に犯罪おかすんですね。正義なんかない、ただの私欲の争い。人間の本質がよく表現されている秀作だと思います。

この記事へのトラックバック

  • 『カルロス』 2012年9月22日 渋谷シアター・イメージフォーラム

    Excerpt: 『カルロス』 を 3部作一気観しました。 こういう映画はかなり好きなジャンルです 【ストーリー】  ベネズエラ出身の過激派イリッチ・ラミレス・サンチェス(エドガー・ラミレス)は、1970年にパレス.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-09-22 21:30