コン・ティキ

コン・ティキ@よみうりホール

(C) 2012 NORDISK FILM PRODUCTION AS画像
英題: KON TIKI
製作年: 2012年
製作国: イギリス/ノルウェー/デンマーク
日本公開: 2013年6月29日
上映時間: 1時間53分
配給: ブロードメディア・スタジオ

監督: ヨアヒム・ローニング / エスペン・サンドベリ

キャスト
トール・ヘイエルダール☆ポール・スベーレ・バルハイム・ハーゲン
ヘルマン・ワツィンゲル☆アンダース・バースモー・クリスチャンセン
トルステイン・ロービー☆ヤコブ・オフテブロ
クヌート・ハウグランド☆トバイアス・サンテルマン
エリック・ヘッセンベルグ☆オッド・マグナス・ウィリアムソン
ベングド・ダニエルソン☆グスタフ・スカルスガルド
リヴ・ヘイエルダール☆アグネス・キッテルセン

【ストーリー】
ノルウェーの学者、トール・ヘイエルダールは、南太平洋ポリネシア諸島の住民の起源が南米にあるという説を信じていた。ヘイエルダールはインカ帝国を征服したスペイン人の図面を参考にし、古代インカでも簡単に手に入る材料を使用し、コンティキ号という名前のいかだを作る。そして1947年、ついにペルーからポリネシアまで約8,000キロに及ぶ航海に出発する。

【感想】
主人公のトール・ヘイエルダールはノルウェーの人類学者で海洋生物学者。
ポリネシア諸島の人々が南米から筏で来たという仮説の実証のため、当時と同じ材料と製法で作った筏で太平洋を航海する。
現在は、ポリネシア諸島の人々は東南アジアから島伝いにやってきたとする説が定説となっている。
だからといって、彼の冒険がムダだったわけではない。
こんな、男子むけのワクワクする海洋冒険映画ができたのだから。(笑)

お話じたいは、実話に基づき、「コンティキ号」による8,000キロにも及ぶ旅を活写するだけ。
こういうお話に興味のない人には意味のない映画。

十五少年漂流記や海底二万里を読んで感動した男子にならきっと満足いただけるはず。

映画らしいみどころも随所に用意されている。
が、基本海上の筏の光景がメインなので好きな人は限定されると思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画 「コン・ティキ」

    Excerpt: 映画 「コン・ティキ」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2013-06-23 00:58
  • コン・ティキ / Kon-Tiki

    Excerpt: 実話に基づいています。1500年前と同じ筏で太平洋を東から西へ横断した事で知られるヘイエルダールの物語の映画化。 不勉強だったんですが、ヘイエルダールって、現代の人だし、コン・ティキ号の冒険も現代の.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2013-07-06 08:46
  • コン・ティキ /KON TIKI

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 1947年に自説を証明すべく、古代ペルーの筏を再現して太平洋横断に挑戦した ノルウェーの人類学者で海洋生物.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2013-07-24 14:05
  • ショートレビュー「コン・ティキ・・・・・評価額1600円」

    Excerpt: 大洋の冒険者たち。 おそらく「コン・ティキ」というタイトルに胸の高鳴りを覚えるのは、私の世代くらいまでなのではないか。 今の子供たちは余り知らない様だが、昭和の頃には教科書にもその抜粋が載って.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2013-07-24 21:17
  • 『コン・ティキ』

    Excerpt:             いかだ“コン・ティキ号”で挑む、太平洋8,000kmの航海。                  歴史大冒険を描いた感動の実話・・・世界初の映画化! 『コン・ティキ』 監督.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2013-07-27 22:04