紙の月

紙の月@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

宮沢りえさん
祝!日本アカデミー賞主演女優賞受賞

東京国際映画祭で観劇。
画像
(C) 2014「紙の月」製作委員会
製作年:2014年
製作国:日本
日本公開: 2014年11月15日
上映時間: 2時間6分
制作プロダクション: ROBOT
配給: 松竹

原作: 角田光代
監督: 吉田大八

キャスト
梅澤梨花☆宮沢りえ
平林光太☆i池松壮亮
相川恵子☆大島優子
梅澤正文☆田辺誠一
井上佑司☆近藤芳正
平林孝三☆石橋蓮司
隅より子☆小林聡美


【ストーリー】
バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★★☆ 桐島より断然良かった(笑)

上映前に宮沢りえさん池松壮亮さんと監督による舞台挨拶あり。
終映後に吉田大八監督と矢田部ディレクターによるQ&A。

・桐島の次回作に「紙の月」を選んだ理由は?

A.桐島とは違うことをやりたかった。話をもらい原作を読んでヒロインが逃げている姿が焼付いた。その姿が育っていき、自分で撮るしかないと思った。

質問1 効果的に聖歌が使われているがその意図は?

A.一回目は中盤で光太が金を受け取り、梨花の中学時代の回想でキャンドルライトと共に流れる。もう一回最後にクリスマスの歌。雨の御使いもクリスマスの歌。喫茶店のシーンは年初の設定だったが雪が降っていたので雨の御使いをつかうことにした。中学時代の曲が最後にもう一回流れてオーバーラップする演出効果を狙った。

質問2 お金の価値について。宮沢さんと小林さんどちらに共感しますか?

A.いま共感の意味を考えている。自分がどこに共感しているか?全ての登場人物に共感している。彼女たちに突っ走ってもらって、それを見届けたいという思いで作った。

・小林さんは原作にないキャラクターですが?

A.原作にいた人がいなくなり、梨花の背を押したり追い詰めたりするキャラクターが出来上がった。梨花が出来上がらないといけないので、彼女にぶつけるものを考え、隅や相川ができあがっていった。

質問3 桐島は群像劇で時系列入れ替えのしかけがあったが、今回の作品の工夫や苦労した点は?

A.時系列や語り口で言うと、原作では梨花の昔の知り合いが語って彼女の人物像が浮かび上がる構成になっている。それをなくして銀行の中で表現するようにした。梨花が行動を起こすとき誰かとの接触が必要になる。現像劇でなく銀行の中で圧力を高め最後に爆発する。苦労した点としては、どうやって横領するか聞いてもこうすればできるとは教えてくれない。OBの人に色々聞いて、もしやるならこんな感じと作り上げた。銀行の中の仕組みを知らねばならず大変だった。

質問4 監督の作品は女性がテーマのことが多い。それも空虚さをかかえた女性。どう意識されていますか?

A.たしかに勘違いしていたり空虚さをかかえた女性の登場が多いかもしれない。空虚さを真空まで高め、真空に何かを呼び込んで何かを起こす。自分がそういうのが好きだから。考えていることと現実のギャップから何かを起こす。気が付くとそこにいる。

・宮沢さんの役作りは?

A.撮影前はご飯を食べたのと衣装合わせくらいで役についての話はしなかった。撮影が始まってから、私がセックスピストルズのMy Wayを聞きながら脚本を準備していることを聞いたらしく、彼女は「何も言わなくて大丈夫」と言ったと聞いた。映画のために一切の妥協なく自分を投げ込んで期待以上の演技を見せてくれた。

質問5 梨花から金をもらって光太は何かが変わってしまうというセリフがあったが、光太の方が変わったと思う。何か注文したんですか?

A.池松くんとは2度目の仕事。こうしてとかはあまり言っていない。宮沢さんのいい顔引き出して!と言っただけ。シナリオ読んで、どういう表情すればどういう表情がかえってくるか二人のセッションでやってくれた。

質問6 最後のタイのシーン短かった。あの長さになったのは何故?

A.そうですかね?人の映画みてぜいたくかなと思ったことはある。やりたかったのは、実はもっと短かった。最適なシーンを撮ることしか考えていなかった。意外な質問。考えてみます。

今日の質問6名全て男性。そういうことは珍しい。

最後に監督からひとこと。

女性が質問してくれなかった。女性がどう感じたかも知りたい。
共感はしにくいかもしれないが家であたためて欲しい。

別に梨花にも光太にもまったく共感はしなかったけど、きわめて興味深く観ることができました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『紙の月』 2014年10月25日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

    Excerpt: 『紙の月』 を鑑賞しました。 本日の2本目で、TIFF(東京国際映画祭)の本拠地六本木ヒルズには 今年初参戦である。(その間もTIFFですが、日本橋だから 笑) 【ストーリー】  バブルがはじけて.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2014-11-09 18:49
  • 紙の月

    Excerpt: 1994年。 夫と二人暮らしの梅澤梨花は「わかば銀行」の契約社員で、職場では高い評価を受けていた。 ふとしたことから、梨花は裕福な顧客・平林の孫で、大学生の光太と逢瀬を重ねるようになる。 買い物途中、.. Weblog: 象のロケット racked: 2014-11-12 03:41
  • 『紙の月』 (2014)

    Excerpt: ダークな人生論をえぐる妖しき犯罪劇! 人間の内面の濃厚な飢えを多面的に活写した一級ドラマであった。 本作は、『桐島、部活やるってよ』(12)で映画ファンの熱い支持をうけた吉田大八監督作。今回手掛.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2014-11-15 00:22
  • はき違えた善意。『紙の月』

    Excerpt: 銀行勤めの平凡な主婦が大金を横領する物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2014-11-16 12:29
  • 紙の月/納得のTIFF観客賞・主演女優賞

    Excerpt: 2014年の東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞の二冠を獲得した作品。原作は『八日目の蝉』の角田光代の長編小説。銀行勤めの平凡な主婦がとあるきっかけから起こした横領事件を描いている。主演は宮沢りえ。共.. Weblog: MOVIE BOYS racked: 2014-11-16 12:33
  • 紙の月

    Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(F) 始まりはお札一枚を借りただけなんだけどね~ Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2014-11-16 18:54
  • 「紙の月」 自分を解放する快楽

    Excerpt: 主人公梨花は、優しく人のことを想う心をもち、またおとなしく従順な側面と、いざとな Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-11-16 20:16
  • 紙の月

    Excerpt: ちょっとした心の隙間と誘惑に揺れただけで、快楽を続けたいと思い横領を続けてしまう。破綻するのはわかっていてもやめられない苦悩を丁寧に描いていた。逃げる主人公を思わず応援したくなる魔力をこの映画は持って.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2014-11-18 23:16
  • 紙の月 (2014)

    Excerpt: 〈あらすじ〉 バブルがはじけて間もない1994年。 銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上 ..... Weblog: ジュライシネマログ racked: 2014-11-25 15:28
  • 『紙の月』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「紙の月」 □監督 吉田大八□脚本 早船歌江子□原作 角田光代□キャスト 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正■鑑賞日 11月15日(土)■劇場 チネチッ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-11-25 17:30
  • 紙の月

    Excerpt: 2014/11/15公開 日本 PG12 126分監督:吉田大八出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司 最も美しい横領犯。 TOHOシネマズのフリーパスポー.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-11-26 13:49
  • 紙の月

    Excerpt:  「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督の新作とあり楽しみにしていました。工夫した演出や俳優陣のがんばりには感心しましたが、自分としての傑作とまでいえなかったのは、生活観があまりにも違う世界で、主人.. Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記 racked: 2014-11-27 08:32
  • 紙の月

    Excerpt: 角田光代の小説を映画化。 監督は、吉田大八。 主演は宮沢りえ、主人公梅澤梨花を演じます。 銀行の契約社員として勤務する 主婦が起こした大金横領事件。 原作とはまた違った作品でした。 映画の方.. Weblog: 花ごよみ racked: 2014-12-01 21:23
  • 紙の月

    Excerpt:  『紙の月』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)東京国際映画祭での話題作(注1)ということもあり、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、賛美歌が聞こえるカトリック系の中学校の教室に.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-12-03 21:27
  • 映画「紙の月」

    Excerpt: 映画「紙の月」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2014-12-03 23:14
  • 映画「紙の月」ここではない何処かへ、ダイブする

    Excerpt: 映画「紙の月」★★★★★ 宮沢りえ,池松壮亮、大島優子、田辺誠一、 近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美出演 吉田大八 監督、 126分 2014年11月15日公開 2014,日本,松竹 (原題/原作:紙の.. Weblog: soramove racked: 2014-12-07 20:23
  • [映画][☆☆☆☆★]「紙の月」感想

    Excerpt:  角田光代原作のサスペンス小説を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督、「オリヲン座からの招待状」の宮沢りえ主演で映画化。 いきなりで何だが、小生は宮沢りえが嫌いだ。単純に見た目が好きじゃないと.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2014-12-09 19:30
  • 第27回東京国際映画祭「紙の月」

    Excerpt: コンペティション作品。観客の投票によって決定する観客賞を受賞。主演の宮沢りえは最優秀女優賞を受賞。舞台挨拶の宮沢りえは綺麗だった! コンペ作品の中では、最も商業ベースに乗った作品だと思う。かといって、.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2014-12-19 12:34
  • 紙の月

    Excerpt: 角田光代著の同名小説を吉田大八監督が宮沢りえ主演で描いたサスペンスです。 東京国際映画祭の時から気になっていたのですけど、2月1日のヨコハマ映画祭でようやく観てきました。 理解したくないけれど解るかも.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2015-02-21 12:36
  • お金によって、

    Excerpt: 22日のことですが、映画「紙の月」を鑑賞しました。 1994年、銀行の契約社員として働く主婦 梅澤梨花は仕事への取り組みや周囲への気配りで上司や顧客から信頼されるようになる 一方、自分に関心のない夫.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2015-03-19 21:36
  • 紙の月

    Excerpt: 【概略】 銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。 サスペンス .. Weblog: いやいやえん racked: 2015-06-25 09:14
  • 映画評「紙の月」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・吉田大八 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-10-26 17:44
  • 紙の月

    Excerpt: 祝・宮沢りえ。第38回日本アカデミー賞でも最優秀女優賞、受賞! 原作は、角田光代の同名小説 NHK「ドラマ10」で、原田知世が主演したバージョンも好きでしたが、映画ならではの風情とエロチッ.. Weblog: のほほん便り racked: 2015-11-04 15:37