黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール
画像
(C) THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015
英題:WOMAN IN GOLD
製作年:2015年
製作国:アメリカ/イギリス
日本公開: 2015年11月27日 (TOHOシネマズ シャンテ)
上映時間: 1時間49分
配給・提供: ギャガ

監督: サイモン・カーティス
脚本: アレクシ・ケイ・キャンベル
キャスト
マリア・アルトマン☆ヘレン・ミレン
ランディ・シェーンベルク☆ライアン・レイノルズ
フーベルトゥス・チェルニン☆ダニエル・ブリュール
パム・シェーンベルク☆ケイティ・ホームズ
フリッツ・アルトマン☆マックス・アイアンズ
マリア☆タチアナ・マスラニー


【ストーリー】
アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。法廷闘争の一方、マリアは自身の半生を振り返り……。

【感想】
この前観た ミケランジェロ・プロジェクト も ナチ 、 美術品 と道具立ては同じだがまあったく180度といっていいくらい方向の違う映画に仕上がっていた。

ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。

ミケランジェロ・プロジェクトは、ナチに強奪された美術品の奪還がテーマだった。
クリムトの 「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」も、マリア・アルトマンの生家からナチによって強奪された。

強奪された絵は、ジョージ・クルーニーらの活躍により、ナチからは奪還される。

が、その絵が正当な持ち主に返却されることなく、オーストラリア政府によりその名も「Woman In Gold」と変えられて強奪されたままになっていたのである。
画像


ミケランジェロ・プロジェクトのミッションはナチから美術品を奪還することであり、正当な持ち主に返還する正義の実現はどうでもよかった。(笑)
強奪者が、ナチから他の者に変わっただけ。

主人公マリアは肖像画のモデルとなった女性のめい。
「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」はマリアの父だか伯父がクリムトにお金を払って描いてもらった絵である。
どう考えてもマリアのものなんだけど
オーストラリア政府も強奪者という点ではナチと大差ない(笑)

この強奪者との闘いが物語の一方の軸となっているのはあたりまえ。
最初からネタバレしてるけど、めでたく「アデーレ」は返還される。
大差ないとひどいこと書いたけど、やっぱりオーストリア政府のほうがナチよりはるかにマシ(笑)

もう一方の軸は、マリアたちのオーストリア脱出行。
多少の脚色はほどこされていると思うがサスペンスフルだ。

両軸がうまく融合され、なかなか奥深い作品にしあがっていた。
ヘレン・ミレンはともかく、ライアン・レイノルズとダニエル・ブリュールもなかなかよかった。

今週末公開。おすすめの一本である。

この記事へのコメント

ノルウェーまだ~む
2015年11月27日 16:53
まっつぁんこさん☆
どさくさに紛れたこのようなものは、きっといっぱいあるのでしょうね。
返してもらえて本当に良かったけど、大事な絵も売っちゃうのね・・・と、しっくりこなかった私でした。
まっつぁんこ
2015年11月28日 07:06
ノルウェーまだ~むさん
ナチの強奪や、ナチが燃やしてしまって滅失してしまった美術品のことはよく話題にされますが、助け出された絵画の行方について語られることは少なかったと思います。
大事な絵でも、165億もの値の付くものを個人で保有するのはムリでしょう。相続税払えない(笑)売るのはしかたないと思います。
yukarin
2015年11月29日 22:43
ミケランジェロ~と被りますがあちらはかなり軽い作品に感じてしまいますね。
それにしてもこのアデーレのように持ち主に戻ってない名画があるわけでそれぞれのドラマがありそうですよね。
まっつぁんこ
2015年11月30日 07:49
yukarinさん
持ち主がいない名画がたくさんあるのでしょう。
追求した本はありそうですが、映画にはなりそうにありません。ドキュメンタリーにしたらとても重くなりそうです。
りお
2015年12月22日 14:33
こんにちは。
「ミケランジェロ・プロジェクト」も悪くはないのですが、さらっとしすぎていますね。
ダニエル・ブリュールの使い方がちょっと勿体なかったわと思ったわたしなのでした。
まっつぁんこ
2015年12月22日 17:56
りおさん
ダニエル・ブリュールをもっと活躍させると尺も伸びストーリーも複雑になります。痛し痒しといったところですね

この記事へのトラックバック

  • TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24

    Excerpt: 順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の.. Weblog: まぜごはん racked: 2015-11-26 12:53
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 1998年、アメリカ・ロサンゼルス。 小さなブティックを経営するユダヤ人女性、マリア・アルトマンは82歳。 彼女は故郷のオーストラリア政府に、ナチスに没収された伯母の肖像画の返還を求めようとしていた。.. Weblog: 象のロケット racked: 2015-11-26 14:22
  • 「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント

    Excerpt: ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2015-11-27 16:49
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2015-11-28 19:59
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: クリムトの有名な名画を巡る実話をヘレン・ミレン主演で映画化したドラマです。 予告編を観て、1枚の絵の運命はどうなるのだろうと気になっていました。 第二次世界大戦でオーストリアを狂気に包んだ戦争の酷さと.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2015-11-29 14:01
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: ヘレン・ミレンがとっても気品があって素敵でした! Weblog: ハリウッド映画 LOVE racked: 2015-11-29 19:42
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2015-11-29 22:38
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: モデルになった叔母との記憶やナチスから逃れる様子が時節表現されており、重厚なドラマになっている。過去の歴史を清算しつつ未来へ向けての素晴らしいメッセージになっている。演技、脚本、美術、演出、音楽すべて.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2015-11-30 23:13
  • 映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし

    Excerpt: 映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2015-12-02 10:43
  • 古畑任三郎的”ミケランジェロプロジェクト”。~「黄金のアデーレ 名画の帰還」~

    Excerpt: ↑アホでもわかるやん、全部ネタバレしてどないしますねん。(爆) ま~実話なんですから、ネタバレとかいうもんでもないのでしょうけど。 そもそも主人公マリアのおばさまが肖像画を書かせた相手がクリム.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2015-12-04 11:02
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 .. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2015-12-04 20:23
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 公式サイト。アメリカ=イギリス。原題:Woman in Gold。サイモン・カーティス監督。ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-12-04 22:54
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt:  『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-12-05 06:26
  • 〔劇場鑑賞〕黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt:   ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとな ... Weblog: ジャスターの部屋 racked: 2015-12-06 16:05
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt:  アメリカ&イギリス  ドラマ  監督:サイモン・カーティス  出演:ヘレン・ミレン      ライアン・レイノルズ       ダニエル・ブリュール      ケイティ ... Weblog: 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2015-12-07 14:24
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold

    Excerpt: 画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2015-12-12 17:32
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2015-12-12 23:14
  • 黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold

    Excerpt: クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ.. Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク racked: 2015-12-13 00:20
  • 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 ヘレン・ミレンの映画

    Excerpt: Woman in Gold(viewing film) ニューヨークのノイエ・ギ Weblog: Days of Books, Films racked: 2015-12-13 13:44
  • 「黄金のアデーレ 名画の帰還」

    Excerpt: よかった~! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2015-12-15 09:54
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: ■ 試写会にて鑑賞黄金のアデーレ 名画の帰還/WOMAN IN GOLD 2015年/アメリカ、イギリス/109分 監督: サイモン・カーティス 出演: ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダ.. Weblog: 映画三昧、活字中毒 racked: 2015-12-22 14:30
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

    Excerpt: 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに奪われた数々の美術品の中には、クリムトの名画“アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I”も含まれていた。 戦後の所有権を巡る裁判の行方を描いた『黄金のアデーレ 名画の帰.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2015-12-22 20:06
  • 過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』

    Excerpt:  WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪さ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2015-12-22 20:30
  • 「黄金のアデーレ 名画の帰還」

    Excerpt: 2015年・アメリカ=イギリス合作 制作:ワインスタイン・カンパニー、他 配給:ギャガ 原題:Woman in Gold 監督:サイモン・カーティス脚本:アレクシ・ケイ・キャンベル製作:デビッド・M・.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2015-12-26 00:07