母と暮せば

母と暮せば@一ツ橋ホール

異様なまでに女性ばかり。
なぜだ?
ジャニーズファンが多かったみたい
画像
(C) 2015「母と暮せば」製作委員会
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開: 2015年12月12日
上映時間: 2時間10分
制作・配給: 松竹

監督: 山田洋次
音楽: 坂本龍一

キャスト
伸子☆吉永小百合
浩二☆二宮和也
町子☆黒木華
黒田☆浅野忠信
加藤健一


【ストーリー】
1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二(二宮和也)がふらりと姿を見せる。あまりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。当時医者を目指していた浩二には、将来を約束した恋人の町子(黒木華)がいたが……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★★

「父と暮せば」にインスパイアされた作品らしい。
が、その、井上ひさし作品不知。

wikiによると

昭和23年の広島。福吉美津江の自宅。

美津江は、父・竹造と二人で暮らしている。竹造は原爆の直撃を受けて死亡したはずなのだが、幻となって美津江の前に現れたのである。美津江は明るく快活だが、心の奥では原爆投下を生き残ってしまったことへの罪悪感をもっており、勤め先である図書館で原爆の資料を集める木下という青年から好意を寄せられているものの、死者への申し訳なさから親密になれないでいる。竹造は、美津江の日々の話し相手として、彼女を楽しませ、ときに諭し、助言を与える。

美津江は、木下から故郷の岩手に一緒に行こうと誘われたと竹造に告げる。竹造は、それは結婚の申込みで、ぜひ行くべきだと言うが、美津江はまたも逃げようとする。そして父と娘の最後の会話が始まる…。

「父と暮せば」は黒木和雄監督により2004年に映画化されている。

「父と暮せば」キャスト
福吉美津江:宮沢りえ
父・竹造:原田芳雄
木下 正:浅野忠信

今回の作品 「母と暮らせば」 でも、町子の結婚相手の黒田を浅野忠信が演じている。
お話も似ている。

観ていないからわからないが、 「母と暮らせば」 の方が悲劇的だ。

それはなぜか?

原爆で死んだのが、息子の浩二だから。

伸子が原爆で死んで浩二のところに現れたら「父と暮せば」と一緒だ。

死ぬ者が老若逆転し、物語の悲劇性が増し、より反戦の思いが強化された。

こんなこと書くと怒られるかもしれないが・・・

浩二は長崎医科大で医者をめざす一般市民。
何の罪もない無辜の民が原爆で一瞬にして消滅する。
これを史上最大のテロと言わずして何がテロなのだろう。
ISのテロが声高に糾弾されているが広島・長崎のテロにくらべれば無に等しいとさえ思う。

だいたい先進国は勝手な正義をふりかざしてテロとののしっているだけ。
ISにしてみれば先進国の行っていることこそがテロ。
ISそのものも先進国がフセインを打倒し、自分たちの都合で作った勢力が育っていってできた。
マッチポンプみたいなものである。

いくら相手を糾弾したところで絶対に争いがなくなることはない。

伸子が当時の日本では珍しかったであろうクリスチャンであることも皮肉だ。
宗教は大嫌いだから、カトリックなのかプロテスタントなのわからなかったけど、どっちにしても伸子はキリスト教徒だ。
日本の信者は同じ宗教を信じる者たちにより全てを奪われても従容としてうけいれる。
しかるに今の世界のありようは何か?

俺に言わせれば、キリスト教もイスラム教も同根のまったく意味不明のおバカなたわごと。
そんなもの信じるやつの気が知れない。
が、べつに他人が信じる分には勝手にすればいいと思う。
ただし、その考えを人におしつけるな。
自分の神さまを人におしつけるな。
結局正義(?)や宗教は争いを産むだけ。

というわけで、こんな超強力な反戦映画は、人間が地球に存在する限り、作り続けられるだろう。
まったく人間とは救いようのないバカな生き物である。おしまい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yutarou
2015年11月29日 21:55
終戦70年ということで、今年はこういう
映画多いですね。
千畝さんも向きは違うけど戦争絡みですし...
まっつぁんこ
2015年11月30日 09:22
yutarouさん
終戦70年ということもありますが、世の中の右傾化もあるでしょう。バランスとる動きは平和維持のため必要だと思います。
りお
2015年12月20日 09:10
こんにちは。
「父と暮せば」を観ていたので、テイストとテーマの違いに随分戸惑いました。
機会があれば「父と暮せば」も観てみてください。
まっつぁんこ
2015年12月20日 09:18
りおさん
良いものと比較すると評価は下がりがちですね。
私の評価は、“知らぬが仏”べーすです(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『母と暮せば』 2015年11月27日 よみうりホール

    Excerpt: 『母と暮せば』 を試写会で鑑賞しました。 久しぶりな、よみうりホールでした。 【ストーリー】  1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに、3年前に原爆で失ったはずの息.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2015-11-29 21:53
  • 母と暮せば

    Excerpt: まるで吉永小百合による朗読の再現劇。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2015-12-12 17:42
  • 母と暮せば

    Excerpt: 公式サイト。山田洋次監督、音楽:坂本龍一。吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、 広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功。ニノは幽霊なのでスチール写 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-12-12 17:53
  • 「母と暮せば」@よみうりホール

    Excerpt:  「報知映画賞特選試写会」名目で開催された試写会に参加した。客入りは満席、女性客が多い。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2015-12-12 21:15
  • 母と暮らせば

    Excerpt: 戦争で生き残った遺族の生き辛さを表現している物語だ。色々なエピソードが登場するけど、息子の言葉は母の心の葛藤なのだ。子供が父の消息を尋ねるシーンが感動的だった。あれが未来に向かう本来の姿だ。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2015-12-16 23:30
  • 母と暮せば

    Excerpt: ■ 試写会にて鑑賞母と暮せば 2015年/日本/130分 監督: 山田洋次 出演: 吉永小百合/二宮和也/黒木華/浅野忠信/加藤健一 公式サイト 公開: 2015年12月12日 長崎で助産.. Weblog: 映画三昧、活字中毒 racked: 2015-12-20 09:07
  • 『母と暮せば』('15初鑑賞91・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月12日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 16:10の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2015-12-21 20:47
  • 映画「母と暮せば」

    Excerpt: 映画「母と暮せば」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2015-12-23 18:54
  • 『母と暮せば』山田洋次監督、吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、他

    Excerpt: 『母と暮せば』監督 : 山田洋次音楽 : 坂本龍一出演 : 吉永小百合、二宮和也黒木華、浅野忠信、他 物語・1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子(吉永小百合)のところに3年前に原爆で失ったは.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2016-01-14 12:48
  • 『母と暮せば』

    Excerpt:  1948年、長崎。3年前の8月、医学生の次男・浩二(二宮和也)を原爆で失った 母の伸子(吉永小百合)は、助産婦をしながら一人で暮らしていた。そんな伸子 を、浩二の恋人だった町子(黒木華)はた.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2016-01-28 08:15