今夜、ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場で@よみうりホール
画像
(C) 2018「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2018年2月10日
上映時間:1時間49分
配給:ワーナー・ブラザース映画

監督: 武内英樹

キャスト
健司☆綾瀬はるか
お姫さま・美雪☆坂口健太郎
俊藤龍之介☆北村一輝
成瀬塔子☆本田翼
山中伸太郎☆中尾明慶
看護師☆石橋杏奈
ロマンス劇場館主☆柄本明
加藤剛
山本浩二


【あらすじ】
映画監督志望の健司(坂口健太郎)は、映画館「ロマンス劇場」に通い詰めていた。彼はそこで一人の女性と出会うが、彼女こそ健司がずっと恋い焦がれてきたスクリーンの中のお姫さま・美雪(綾瀬はるか)だった。美雪はモノクロの世界から抜け出して、色にあふれた現実の世界を満喫するが……。

【感想】
知り合いの評判は悪いが俺は好きだ。
まずはオリジナルストーリーであるところを評価。
綾瀬はるかが好みだってことも大いに影響(笑)
彼女の色々なスタイルが観られるだけでも楽しい。

ロマンス劇場館主の柄本明が、ほとんどの映画は忘れ去られる。
残るのはごく一部のシーンだけ。
と健司に語るシーンがある。
それが健司にとっての“白雪姫と三獣士”の姫だった。

はるか昔に撮られ打ち捨てられたフィルムを健司が発掘。
毎夜毎夜飽きることなく見続け、ついに姫は現世にあらわれ出てくる。
ファンタジーである(^^)/

現世に現れた姫は健司を僕(しもべ)と呼び命令をくだす。
撮影所では混乱を引き起こし健司に迷惑をかける。
一方で社長令嬢の成瀬塔子は健司に想いを懸ける。
そして若手によるシナリオコンクールを社長である父に提案。
もちろん健司のシナリオが採用されることを期待しての行動である。

三角関係の行方は?
姫の秘密とは何か?

シナリオの完成に手間取る健司に先輩がかけた言葉は
「ハッピーエンドで頼むよ!」

この展開で一番平凡なハッピーエンドは何か?
モノクロの世界から来た姫は元の世界に戻るのが普通だと思う。
最後までそうなるものと思って観た結末は?
予定調和の世界からは逸脱していたのは確か。

いくつか印象に残るシーンがあったのは収穫。
ひとつ目は電話ボックスの硝子越しに姫と健司がキスしようとしたシーン。
目をつぶって硝子にくちびるつけた健司を姫が「間抜けな顔だな」とからかうところ。
もうひとつは藤棚の下で姫が軽やかに身を躍らせるシーン。
なかなか良いシーンがあったと思う。

この記事へのコメント

yutarou
2018年02月04日 22:13
悪い話では無いんですけどね、、、
どうも現実的には受け入れられなくて 笑
まっつぁんこ
2018年02月05日 19:01
yutarouさん
現実は受け入れたくないけどファンタジーは受け入れました(笑)
2018年02月12日 22:32
綾瀬はるかは好きなのですが、いろんな衣裳が全部お似合いでうっとり見てました。彼女のための映画ですね。
電話ボックスのシーンは素敵でした。
ラストの病室でのシーンはうっかり泣きました 笑
まっつぁんこ
2018年02月13日 07:46
yukarinさん
はげしく同意です
ラストはうるっとしてしまいました。
2018年02月13日 14:56
映像がとても綺麗で、藤棚のシーンは印象に残りました♪

ストーリー展開はベタですが、
終盤はかなり練ったのが伺えるような感じで、
観終って素直に良かった~!となりました。
まっつぁんこ
2018年02月15日 09:47
BROOKさん
ありきたりのハッピーエンドではなくて良かったです。

この記事へのトラックバック

  • 『今夜、ロマンス劇場で』 2018年1月30日 よみうりホール

    Excerpt: 『今夜、ロマンス劇場で』 を試写会で鑑賞しました。 ワーナー・ブラザースもよせばいいのに邦画製作・・・ 【ストーリー】  映画監督志望の健司(坂口健太郎)は、映画館「ロマンス劇場」に通い詰めていた.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2018-02-04 22:00
  • 今夜、ロマンス劇場で

    Excerpt: 映画監督を夢見る青年・健司は映画の中のお姫様・美雪に恋をして、くり返しその映画を観ていた。 ある日、その美雪が健司の目の前に現れる。 モノクロの世界しか知らない美雪に、カラフルな現実世界を案内する健司.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-02-07 08:31
  • 劇場鑑賞「今夜、ロマンス劇場で」

    Excerpt: 「今夜、ロマンス劇場で」を鑑賞してきました現実世界に飛び出したモノクロ映画のヒロインと映画監督を夢見る青年の切なくもファンタジックな恋の行方を綾瀬はるかと坂口健太郎の主... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2018-02-13 15:51
  • 『今夜、ロマンス劇場で』('18初鑑賞15・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月14日(水) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2018-02-15 13:42
  • 今夜、ロマンス劇場で

    Excerpt: 現実世界に飛び出したモノクロ映画のヒロインと映画監督を夢見る青年の切なくもファンタジックな恋の行方を綾瀬はるかと坂口健太郎の主演で綴るロマンティック・ストーリー。共演に本田翼、北村一輝、中尾明慶、柄本.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-02-15 19:32
  • 今夜、ロマンス劇場で

    Excerpt: 往年の名作映画へのオマージュも散りばめられており、映画ファンにはたまらない設定だ。「あなたでなきゃ、だめなんです」という切ないセリフをどのように料理するのか、最後まで目が離せない感動作になっている。涙.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2018-02-16 22:44
  • 「今夜、ロマンス劇場で」

    Excerpt: 2018年・日本/フジTV 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:武内英樹 脚本:宇山佳佑 製作:石原隆、堀義貴 企画・プロデュース:稲葉直人プロデューサー:上原寿一、菊地美世志 モノクロ映画の中のヒ.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2018-02-18 18:13