あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 検察側の罪人

<<   作成日時 : 2018/08/01 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

検察側の罪人@東宝試写室
画像
(C) 2018 TOHO / JStorm
製作年:2018年
製作国:日本
日本公開:2018年8月24日公開
上映時間:2時間3分
配給:東宝

監督・脚本原田眞人
原作雫井脩介

キャスト
最上毅☆木村拓哉
沖野啓一郎☆二宮和也
橘沙穂☆吉高由里子
丹野和樹☆平岳大
前川直之☆大場泰正
弓岡嗣郎☆大倉孝二
小田島誠司☆八嶋智人
松倉重生☆酒向芳
桜子☆キムラ緑子
運び屋の女☆芦名星
最上奈々子☆山崎紘菜
諏訪部利成☆松重豊
白川雄馬☆山崎努

【あらすじ】

東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗(しつよう)に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め……。

【感想】

これは、キムタクとニノの演技を楽しむ映画。
ほとんどの場面にふたりが出ている。
何に出ていてもキムタクでしかないと言われるキムタク。
この映画ではちゃんと最上毅を演じていたのではないかな(笑)

WIKIによると “文芸評論家の郷原宏は、現行の司法制度の問題点を描いた「すぐれて社会的な司法ミステリー」であると評価” とのこと。
原作はともかく、映画は司法制度の問題点なんか描いてはいなかった。

脚本のせいなのか原作が悪いのかわからないがストーリーは雑だ。
特にラスト近くの展開はいただけない。
何が言いたいのかよくわからなくなってしまったのは残念。

それでも、キムタクとニノを観るだけで価値がある。
特に二人のファンはこれを見逃す手はない。

他には、松重さんにはびっくり。
つい、孤独のグルメの井之頭さんと思いながら観てしまうわけだが全然違う。
諏訪部利成はうさんくさい難しい役だ。
下手な役者が演じていたら台無しになるところ。

他には運び屋の女の芦名星。
この二人の登場人物がリアリティーを薄めている。
最上も、検事としてのリアリティーに欠ける。
海外ならともかく、日本の検事にあんなのはいないと信じる。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『検察側の罪人』 2018年7月24日 東宝試写室
『検察側の罪人』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/08/06 12:08
検察側の罪人
都内で殺人事件が発生した。 東京地検刑事部のエリート検事・最上は被疑者の中から一人の男・松倉に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。 松倉は過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。 最上を師と仰ぐ駆け出しの検事・沖野と、沖野の事務官・橘は、最上の強引な捜査方針に疑問を持ち始める…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/08/06 16:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
冒頭の正義の話を最後は...
正義はいいわけじゃないと勉強しました 笑
yutarou
2018/08/06 12:09
yutarouさん
いい勉強になりました(^^)/
まっつぁんこ
2018/08/06 17:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
検察側の罪人  あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる