あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS フィフティ・シェイズ・フリード

<<   作成日時 : 2018/10/10 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

フィフティ・シェイズ・フリード@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
画像

(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS
英題:FIFTY SHADES FREED
製作年:2018年
製作国:アメリカ
日本公開:2018年10月5日公開
上映時間:1時間45分
配給:東宝東和

監督ジェームズ・フォーリー

キャスト
アナスタシア・スティール☆ダコタ・ジョンソン
クリスチャン・グレイ☆ジェイミー・ドーナン
ジャック・ハイド☆エリック・ジョンソン
ケイト☆エロイーズ・マンフォード
ミア・グレイ☆リタ・オラ
エリオット・グレイ☆ルーク・グライムス
ホセ☆ヴィクター・ラサック
テイラー☆マックス・マーティーニ
グレース・グレイ☆マーシャ・ゲイ・ハーデン

【あらすじ】
アナ(ダコタ・ジョンソン)とクリスチャン(ジェイミー・ドーナン)は幾多のハードルを乗り越えて、念願の新婚生活を迎える。しかし、かつてアナが勤務していた出版社の上司でクリスチャンに恨みを持つジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)が関わる事件で、二人は命の危険にさらされる。

【感想】
IMDBの採点はダーカーより下がって4.4。(^^)/ (ダーカーは4.6、グレイは4.1)
シリーズ完結編となる本作。
グレイとダーカーを観ていないとちょっと話にならない。
俺はシリーズ最低得点のフィフティ・シェイズ・オブ・グレイが一番好きだ。
前作であっさり結ばれたグレイとアナ。
ふたりに逆恨みするジャックとの確執でつけたしのような本編がある感じ。
あいかわらず、プライベート・ジェットであっち行ったりこっち行ったりしてグレイとアナが××するシーンが不断にある。
オトコの妄想を掻き立てられる映画。
これは美しい景色や、ダコタのエッチな衣装やおっぱいを楽しむ映画である(断言)

TOHOシネマズ六本木ヒルズの最大スクリーンで土曜日に観たのだが観客は20人くらいでガラガラ。
大名鑑賞を満喫。
観客は、女性が優勢。
俺のように独りで観に来ているオッさんはほとんどいない。
もったいない。

プロモもほとんどなく、前作の入りをみればどのくらいの集客が見込めるかわかりそうなもの。
なんでヒルズの最大スクリーンでかけるのか意味不明。
というか、どうせ見るならシャンテでなくポンギのTCXがおすすめ。
観客がいないので何のストレスもなくダコタのおっぱいが堪能できることを保証します。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『フィフティー・シェイズ・フリード』 2018年10月5日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『フィフティー・シェイズ・フリード』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2018/10/10 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやーまっつあんさんたら
普段お金払って見ないのにこれは見てる!

>俺のように独りで観に来ているオッさんは

ダコタ狙いでしょうね 笑

私も可愛いダコタ大好き。
mig
URL
2018/10/14 23:18
migさん
オレの場合音楽も狙いのひとつ。
グレイでザ・ウィークエンドいいなと思いました。
まっつぁんこ
2018/10/15 09:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィフティ・シェイズ・フリード あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる