今日も嫌がらせ弁当

今日も嫌がらせ弁当@ニッショーホール
画像

(C) 2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2019年6月28日
上映時間:1時間46分
配給:ショウゲート

監督・脚本☆塚本連平

キャスト
持丸かおり☆篠原涼子
持丸双葉☆芳根京子
持丸若葉☆松井玲奈
山下達雄☆佐藤寛太
持丸島次郎☆岡田義徳
浩実☆村上知子
岡野信介☆佐藤隆太

【あらすじ】
八丈島で暮らすシングルマザーの持丸かおり(篠原涼子)の次女、双葉(芳根京子)は、高校生になると生意気な態度をとったり、母親を無視したりするようになる。かおりはそんな娘に対抗して、彼女の嫌がる「キャラ弁」を作る。やがてその弁当は、母を煙たがる娘へのメッセージになっていく。

【感想】
行くかどうか迷ったが、ゆうさんのアドヴァイスで行くことにした。
大正解。
これは、娘のいるお父さん必見の映画である。
双葉も若葉も反抗しているといいながらとっても良い子である。
こんな素直な娘がほしかった(笑)
なんて書いてあるのが娘にばれるとまずい(>_<)

報知新聞の担当みやもとさんが、試写室で観た時泣いている人がいたと言っていたがさもありなん。
冷血まっつぁんこも何度か涙腺がゆるんでしまった。
どこで涙腺がゆるんだか?
おれは忘れちゃったけど、観ていただくとこれか!
とわかると思う。

いちばん最後の、結婚式で花嫁がお父さんに・・・
みたいなところはもちろん泣ける。
が、それ以外にも結構いい線いってるところが2ヵ所くらいはあった。

双葉は、思いを寄せている幼馴染を、まあ、横取りされるわけだ。
が、そのあたりの描写もよい距離感、というか取り込み度がよかった。
あえて軽くえがいていて秀逸。
彼との関係がどうなるか気になるところだけどカット。
それが良い。

ブログが元になったエッセイがこうやって映画化される。
出来の悪い原作もの(さてなんでしょう)観た後だったのでこういうネタの方が良いのかもしれないなと思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yutarou
2019年06月21日 11:29
涙腺緩んだ毛でしたか...
私はかなり泣いた 笑
まっつぁんこ
2019年06月27日 11:14
yutarouさん
オレの方がじじいだからですよ(^^)/

この記事へのトラックバック

  • 『今日も嫌がらせ弁当』 2019年6月13日 一ツ橋ホール

    Excerpt: 『今日も嫌がらせ弁当』 を試写会で鑑賞しました。 篠原涼子の演技はさておき、泣かせる映画で泣かされる私は偉いの 【ストーリー】   きっと泣くだろうな、、、と思って期待して、涙腺崩壊した。 良い.. Weblog: 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- racked: 2019-06-21 11:29
  • 今日も嫌がらせ弁当

    Excerpt: 東京・八丈島。 持丸かおりは、夫を事故で亡くしシングルマザーとなって12年。 1人暮らしを始めた長女・若葉とは仲良しだが、15歳の次女・双葉は反抗期まっさかり。 ついに「あなたが態度を改めるまで私も嫌.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-06-24 01:59